ラブシーンに挑む歌手・青野紗穗「今から行かせてもらいます」

ラブシーンに挑む歌手・青野紗穗「今から行かせてもらいます」

ブロードウェイで12年を超えるロングランを記録し、映画化もされたミュージカル『RENT(レント)』。約2年ぶりにおこなわれる大阪公演(8月)を前に、同世代役で今回ミュージカルに初挑戦する歌手・青野紗穗が大阪市内で会見をおこなった。

ヘロイン中毒でSMダンサーのミミ役をオーディションで勝ち取った青野。「ミミと私は同い年ということもあって、すごく親近感がわきました。強がる部分だったり、その時々の感じ方は結構近い。だから、あんまりミミという役を作るというよりかは、自分自身として『生きる』というのがキーワードになった」という。ただそうやって自分をさらけ出すことに対しては、「全部自分を見せたらどうなるんだろうって。そんな機会ってなかったので、すごく怖かったですね」とも。

恋人のロジャーを演じるのはケミストリー・堂珍嘉邦と超新星・ユナクのダブルキャスト。「おふたかたがイケメンで、しかもすごく素適な声なので、毎日メロメロになります。でもロジャーとのラブシーンは、結構抵抗ありましたね。集中してないと『みんなに見られてる、どうしよう』って・・・。大先輩っていうのもあって、『すみません。今から行かせてもらいます!』って、変な気持ちです」。

「ミュージカルは続けたいですね。信頼関係とかもあるので(歌手として)ひとりでステージに立ってるよりも楽かも(笑)。『レ・ミゼラブル』に挑戦してみたい」と今後の抱負も明かした青野。大阪公演は「森ノ宮ピロティホール」(大阪市中央区)で8月17日から22日まで。チケットは11800円、各プレイガイドにて発売している。

関連記事

おすすめ情報

Lmaga.jp 関西のニュースの他の記事もみる

関西の主要なニュース

大阪のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索