京丹後に別荘気分の豪華な宿オープン、プライベートプールも

京丹後に別荘気分の豪華な宿オープン、プライベートプールも

京都の丹後エリアに、2種類のリゾートスタイルから選べる宿泊施設「Siena  Hills(シエナヒルズ)」(京都府宮津市)が7月21日にオープンする。全室プライベートプール付きの別荘タイプと、豪華なテントでのグランピングを楽しめる。

運営するのは京都の北部を中心にリゾート事業をおこなう「マリントピアリゾート」(京都府宮津市)。これまでも、自然豊かな立地で、海鮮や野菜などの食事を最大限に活かした高級ホテルや旅館を手掛けてきたが、今回は観光地「天橋立」から約15分、日本の原風景に、ラグジュアリーなステイを2つのエリアで展開する。

一棟貸しの別荘気分を味わえるエリア「マリントピア・ザ・スイート」は、全10棟がバーべーキューを楽しめるガーデン、プール、キッチン付き。オプションメニューとして、姉妹施設の出張料理人のサービスも。1棟で、6〜10名まで利用でき、宿泊料金は7万8千円から(6名なら1人あたり1万3千円)。

そして、グランピング(=グラマラスなキャンプ)を満喫できるエリア「グランドドーム京都天橋立」。テントが11張あり、北欧、西海岸、ブルックリンなどそれぞれのインテリアのテーマが異なる。うち8張ある近未来型「ドームテント」は一部スケルトン使用になっており、テントのなかから大自然の景色を楽しむことも可能。デッキでバーベキューを楽しめ、夜にはキャンプファイヤーなどもおこなわれる。4〜6名まで利用でき、料金は1張3万8千円から、また日帰り利用も可能でその場合は1万8千円からとなる。予約は6月15日からスタートする。

関連記事

おすすめ情報

Lmaga.jp 関西のニュースの他の記事もみる

関西の主要なニュース

京都 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索