ロシア・サハ共和国の永久凍土のなかから発掘されたマンモスや古生物の冷凍標本を史上最大級の規模で展示する『マンモス展−その「生命」は蘇るのか』が、7月に大阪で開催。
マンモスが発掘されたロシアを訪問し、本展示の構成監修を務めたいとうせいこうが、その魅力を語った。

世界初公開のマンモスの鼻や皮膚などが展示されるほか、近畿大学の「マンモス復活プロジェクト」ともコラボし、最先端の生命科学にも迫る本展。いとうは、雑誌編集者を経てタレント、ラッパー、作詞家、小説家・・・とあらゆるジャンルで活躍していることから、展示構成監修の任務に白羽の矢が立ったのだという。

監修に当たりいとうは、マイナス40度にもなる真冬のサハ共和国へも専門家らと訪問。「何万年も前に生きた動物の皮膚や肉が、自分からわずか2〜30センチの距離のところにある。それがものすごくリアルで、近づくことって大事だなと思いました。質感もそうですし、何万年も前に死んだものと対峙するという体験そのものがエモいんです」と声を弾ませた。

約4万年前の仔ウマの発掘にも立ち会い、「1週間前に死んだんじゃないかというくらいリアリティがあって、かわいくて。仔ウマを抱かせてもらったのですが、足の関節が猫みたいに柔らかくて、腱がどういうふうに動いていたかもよく分かる。永久凍土から発見されたときは血液も尿も液体で確認されたんです!」と興奮冷めやらぬ様子だった。

同展は7月31日から9月22日まで、「大阪南港ATCギャラリー」(大阪市住之江区)にて。チケットは一般1500円ほか、発売中。

取材・文・写真/岩本