新型コロナウイルス感染拡大防止のための休業からの段階的な営業再開にあたっている「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)が7月1日、20日から入場対象者を全国に拡大すると発表した。

2月29日から臨時休業に入り、6月8日に大阪在住者の年間パスポート保有者をを対象にプレオープン、19日から関西2府4県を対象に営業を再開した同パーク。

今回の発表によると、まず7月10日に隣接する東海・北陸・四国・中国地方を対象エリアに拡大し、20日に全国へと拡大する段階的な営業再開となる。

パーク内では、マスク着用義務やフィジカルディスタンス確保などの感染拡大防止対策を厳格に実施。

熱中症対策としてマスクを外して休憩できるエリアを設置しており、7月上旬には屋内にも新設するという。

なお1日より、すべてのライド・アトラクションで1列おき乗車から全列乗車に運営方法を変更。フロー改善と待ち列での密を減らすことが目的で、国のガイドラインに沿った安全対策を施すという。

10日以降のチケットは、6日・昼2時に発売。公式サイトなどで販売され、当日券を扱う同パークのチケットブースは、20日から数量限定での販売となる。