開館が延期されていた「宝塚市立文化芸術センター」(兵庫県宝塚市)が、6月より開館。開館記念展『宝塚の祝祭 Ⅰ -Great Artists in Takarazuka-』をようやく見ることができた(観覧は予約制)。

同展では、宝塚市とゆかりが深い6人の巨匠作家である元永定正、中辻悦子、小清水漸、辻司(以上、美術家)、松井桂三(グラフィックデザイナー)、宮本佳明(建築家)の仕事を紹介している。

同館の加藤義夫館長は「宝塚市といえば宝塚歌劇や手塚治虫のイメージが強いですが、実は国際的に活躍している芸術家、デザイナー、建築家が大勢おられます。彼らの存在を多くの方々に知ってもらい、宝塚の文化力を感じてほしい。それがこの展覧会のテーマです」と話す。

「この6作家については本展で終わりではなく、今後5年間に彼らの個展を順次開催します。また、同館では年4回のペースで企画展をおこなうので、楽しみにしてください」とも。

館内にはメインギャラリー、サブギャラリー、キューブホールや、ライブラリー、オープンスペースのアトリエなどがあり、さまざまな催しが開かれるだろう。宝塚エリアの新たな文化的ハブとして、同センターにかかる期待は大きい。開館記念展の開催は10月18日まで、料金は一般1000円。観覧は公式サイトまたは電話で予約を。

取材・文/小吹隆文(美術ライター)