和歌山県白浜市のテーマパーク「アドベンチャーワールド」で11月22日、ジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生。同パークでは2018年8月に生まれた「彩浜(さいひん)」以来、2年ぶり17頭目の赤ちゃん誕生となる。

両親は、彩浜と同じ「永明(えいめい)」(オス・28歳)と「良浜(らうひん)」(メス・20歳)。今回の出産で永明は16頭の父親、良浜は10頭の母親となる。

6月11日〜12日に2頭の自然交配が確認され、10月下旬には竹の摂餌量低下や睡眠時間の増加など母親に妊娠兆候が見られたという。その後、11月19日頃には出産の兆候として落ち着きのない行動が目立ち、22日の昼11時50分無事出産した。

生まれた赤ちゃんパンダはオスで、体重157グラム、全長20.5センチメートル。過去最小の75グラムで生まれた彩浜と比較すると2倍以上の大きさになる。

新型コロナの影響で「成都ジャイアントパンダ繁育研究基地」から中国人スタッフが来日できないなかの出産。同パークの日本人スタッフのみで出産を迎えるのは今回初めてだという。

7度目の出産となった良浜。同パークは、「落ち着いた様子で、鳴き声をあげる赤ちゃんをやさしく抱え、あやしており、母子ともに健康状態は良好です」と説明する。公開日については、親子の様子を見ながら決定するという。