とぼけた表情とユニークなポーズのはにわ型マグカップが人気を博す、大阪府堺市の新名物「はにわぷりん」。1月24日から、令和初のバレンタイン限定バージョンの「桃色と白色はにわセット」の予約受付を開始する。

大阪・堺市にある「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産登録を盛り上げるために生まれた「はにわぷりん」。7月6日に古墳郡が無事世界遺産に登録されると、市の名物としてさらに注目を集めるようになった。

また、「1500年の眠りから目覚めたあと、低血圧のため大仙陵古墳の前で倒れているところを通りすがりのお姉さんに拾われた」(公式サイトより)というゆるい雰囲気と、食べ終わったあとのマグカップをさまざまな使い方で楽しめる点がウケて人気に。限定色を集めるファンもいるほどだ。

今回初登場する「白色はにわ」は、なめらかなカスタードプリンと濃厚なチョコムース、「桃色はにわ」は、カスタードプリンに合うクリーミーなブランマンジュという限定フレーバーが楽しめる。

特別パッケージに入ったバレンタイン限定バージョン2個入りセット(限定フレーバー各1個入り)は1944円。2月上旬から直営店舗(海ごこち 深井店)、2月10日から新大阪駅構内スイーツパティオで販売される。

文/いずみゆか