1845年創業、スイスの歴史あるチョコレートブランド「リンツ」が、梅田エリアで初となる「リンツ ショコラ カフェ ルクア大阪店」(大阪市北区)を7月1日にオープンする。

大阪府内で3店舗目となるカフェでは、ダーク、ミルク、ホワイトをベースにしたアイス・ホット全22種のチョコレートドリンクが充実。オープン時には、ミルクチョコに果肉たっぷりのバナナピューレをブレンドした「バナナ」(699円)、8月からはダークチョコベースの「オレンジ」(699円)が新登場する。

アイスドリンクの入れ方にも工夫があり、まずカップのふちにしずく模様のようなライン状のチョコが描かれ、ドリンクを飲みながら途中で削って味わう楽しみ方も。上から下まで、チョコの食感、味わいの変化を感じられるデザートのような仕上がりになっている。

また、好みや用途に合わせ、量り売りで購入できるコーナー「ピック&ミックス」では、ボール型のチョコになめらかなフィリングを詰めた1番人気の「リンドール」20種を含む、約40種からチョコ選びが楽しめる。ほか、期間限定のサマーチョコレートなど幅広いラインアップとなっている。営業は11時〜20時。

取材・写真/塩屋薫