海をバックにスケートボードやバスケ、ヨガやアスレチックなど・・・これらのアクティビティができるのは、南大阪に7月3日オープンした大型レクリエーションスポット「泉南りんくう公園(愛称:センナンロングパーク)」(大阪府泉南市)だ。

同公園内の「アクティビティエリア」には、無料で誰でも利用できるスケートボードのコースや3×3コートのある「ストリートパーク」が設置され、すでに若者たちがアクティビティを満喫しているそう。

ビーチの目の前や公園内の事務所では、「アウトドアフィットネス」のレッスンが充実。芝生の広場でおこなうヨガや、水上のボードの上でおこなうSUPヨガ(夏季限定)など、雨の日も運動できるようフィットネススタジオもあり。1回1000円(予約がベター、1人から開催)で、月額3800円で通い放題のコースも設けられている。

また夏限定で、海上でバナナボートなどのアクティビティを展開する「カーメルビーチクラブ」がオープン。ジェットスキーで引っ張るフロートの乗り物のアクティビティが、3歳以上から1人1000円で利用でき、7・8月の週末と祝日のみ営業する。

大型アスレチック「ハートスロブ」(1時間2500円)や、サッカーやアメリカンフットボールに対応する人工芝グラウンド(4時間22000円ほか)、無料で遊べる「ボーネルンド」の遊具があるほか、犬と散歩する人が多いことから「ドッグラン」までそろい、あらゆる世代が「スポーツ」が楽しめることを目指す。

公園事務所では、更衣室やシャワー、バスケットボールやヨガマットなどレンタルもあり。最後は、敷地内の「泉南温泉 SORAの湯」で、汗をかいた後は温泉で体を癒やすことができる(大人700円)。詳細は公式サイトにて。

取材・文・写真/野村真帆