食いしん坊ライター・泡☆盛子のインスタントラーメンアレンジ第3弾。スーパーやコンビニで気軽に買える袋麺をアレンジします。

今回は、パスタの定番人気メニュー「ボンゴレ ロッソ」風のアレンジ。「ボンゴレ」はアサリ、「ロッソ」は赤という意味で、アサリとトマトを使うのが特徴。ちなみにトマトなしのバージョンは「ボンゴレ ビアンコ(白)」と呼ばれます。ベースに使う袋麺は、洋風の食材とも相性のいい塩ラーメンがぴったり。簡単な割に見た目が華やかなのもうれしい1杯です。

◾レシピ

「ボンゴレロッソ風塩ラーメン」

材料(1人分)

・袋麺(塩ラーメン)…1食

・アサリ…5〜10粒

・プチトマト…5個

・バジルの葉…数枚

・オリーブオイル…適量

◾作り方

1.アサリは殻を洗ってから30分ほど塩水に浸けて砂抜きをしておく(冷凍するなら砂抜き後に)。

2.鍋に袋麺の表示通りの湯を沸かし、火を弱めてアサリを入れ、口が開いたら取り出しておく。

3.(2)の湯を再沸騰させ、袋の表示通りに「塩ラーメン」を作る。麺と一緒にプチトマトも加える。

4.(3)を器に盛り、アサリ、バジルの葉を散らしてオリーブオイルを回しかける。

◾ポイント

アサリのダシがスープに旨みをプラスしてくれるので、「ちょっと多いかな」くらいの量を使いましょう。バジルがなければ、大葉やイタリアンパセリで代用できます。今回使用した「サッポロ一番塩らーめん」は仕上げ用に「切り胡麻」がついていますが、このラーメンには登場の機会がありません。別のラーメンや和え物などにご利用くださいね。

文・写真/泡☆盛子