キャンプ道具のアイテムとして話題のホットサンドメーカー。実はホットサンド以外の調理にも大活躍してくれる万能アイテムなのです。今回は旬を迎えつつある黒枝豆を焼いてみました。

普通の枝豆よりもさらに風味高く、コクのある黒枝豆。近ごろはスーパーの野菜売り場でも入手できるようになってきましたね。少し(いや、けっこう)面倒ではありますが、枝付きを買って自宅で調理するのがおすすめです。

まず黒枝豆を枝から切り離し、塩を揉み込んでサヤをこすり合わせるように洗います。ホットサンドメーカーにばらっと並べ、弱火で加熱しましょう。

塩をまぶすと焦げが強くなるわりに味はしみにくいので、素焼きがおすすめです。ガスコンロの火力により異なりますが、最弱火の状態で片面6〜8分、裏返して5〜7分ほどでできあがります。ひと粒食べてみて硬かったら適宜延長してください。

焼き目がついてサヤの一部がはぜるくらいが硬すぎず、軟らかすぎずのタイミングかと。

アツアツを食べると、濃厚な旨みにびっくりします。焼くことで水分がとび、ほっくりとした食感と甘みが際立つのですね。ぜひ、最初は何もつけずに味わってみてほしいです。

塩味を足したいときは、塩は別添えにして少〜しずつつけてどうぞ(サヤに水分がないため塩をふってもなじまない)。塩にカレー粉や粉山椒を混ぜてみるのもおすすめです。ビールを多めに用意してくださいね。

写真・文/泡☆盛子