北海道や九州などご当地アイスを一度に楽しめる「全国のソウルアイス厳選セット」が、24日からアイスクリーム専門通販「房蔵總本舗(ふさぞうそうほんぽ)」で販売されている。

ツイッターのフォロワー数が16万超え、年間1000種以上を食べるというアイス評論家・アイスマン福留氏によって今回選ばれたのは、ある特定の地域で長年愛され、地元民が魂(ソウル)から愛してやまない「ソウルアイス」と定義されたものばかり。

北海道「さくら食品」の「北海道とうきびアイスモナカ」、栃木「フタバ食品」の「レモン牛乳カップ」、高知「松崎冷菓工業」の「龍馬の海あいすくりん」、熊本「サンタのアイス工場」の「ガリっとチュー」など、各地を代表する逸品が勢ぞろいし、旅行気分で食べ比べも楽しめそうだ。

ちなみに関西からは老舗の味、大阪「北極」の「アイスキャンデー」、和歌山「玉林園」の「グリーンソフト」が選ばれている。

同セットは、アイスクリームのイベント「あいぱく」などを手がける「アイスクリーム・ラバー」(東京都中央区)が販売。アイスマン福留氏は自身のツイッターで「眺めているだけで楽しい」とコメントしている。セットは16種入りで、価格は4000円(送料別)。

文/塩屋薫