全国のローソンで『鬼滅の刃』コラボフードが次々と登場。9月15日発売のスナックパイ「GU-BO(グーボ)」炭治郎パッケージの「ヒノカミチーズタッカルビ味」(130円)を皮切りに、からあげクンやおにぎり、ランチパックなどが10月以降に登場する。

「GU-BO」はサクサクッとした食感の生地で具を包み、片手でも手軽に食べられるように細長い形状に仕上げたのが特徴のスナックパイ。

『鬼滅の刃』主人公の竈門炭治郎をイメージして作られたという、ヒノカミチーズタッカルビ味は、中にはコチュジャン、甜麺醤、豆板醤で味付けした甘辛い鶏肉、ジャガイモ、玉ネギやとろけるチーズが入っている。

SNSで『鬼滅の刃』ファンの反応は、「普段は、ほぼ食べないレジ前スナック買ってもうた・・・鬼滅恐ろしい子w」「パッケージのいけめんたんじろを眺めながら食べる幸せ」「入れ物、捨てるのもったいないよぉ」などとSNSでは上々。味についても「まわりサクサク、なかにトロッとしたチーズタッカルビで美味しかったです」「うんまっこれ」と好評だ。

全国のローソン店舗(「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」を除く)にて、数量限定で販売中。

また、10月6日には缶バッジやアクリルスタンドなどのグッズが、10月13日には「からあげクン焦がしバター醤油味」「煉獄杏寿郎のジャンバラヤおにぎり」「最後の試練チョコシュークリーム」など15品が発売され、11月以降もドリンクの発売が予定されている。

※画像は全てイメージです。 また、各社の会社名、サービス・製品名は各社の商標または登録商標です。

文/早見真実