セブンイレブンと、パリの人気パティスリー「ピエール・エルメ」がコラボしたスイーツが10月20日より発売された。「ピエール・エルメ シグネチャー カップケーキ マロンショコラ」(334円)。本日、大阪市内に入荷されていたのでさっそく食べてみた。

7月に発売されたマンゴーのエクレアが濃厚でおいしかったので、今回も期待大。マロンのエクレアの発売日は未定とのことで、カップケーキを先にいただく。

フタを開けてみると、モンブラン風に絞り出されたマロンクリームに、ちょこんとバニラのホイップクリームが。横から見ると、チョコクリーム、細かく砕いたクッキー、ホイップクリームが順番に重ねてある。

マロンクリームは、焼き栗ペーストやイタリア産マスカルポーネチーズなどを混ぜ合わせてあるとのことで、意外とあっさり、なめらかに仕上がっている。これに対してチョコクリームはしっかりと濃厚だ。

食べ進めると、サクサクとした食感でバターの風味がふわりと感じられるクッキーが、なめらかなマロンとコクのあるチョコクリームをうまくつないでくれる。あ〜、いい仕事。小さめのカップなので、5口ぐらいであっという間に食べてしまった。マロンというよりショコラの存在感が印象的な味わいだった。

SNSでは、「コンビニスイーツとは思えないおいしさ」「上品な甘さ」「お口の中がパリコレ」「ご褒美スイーツ」と、満足の声がたくさん見られた。エクレアの発売が待ち遠しい。沖縄を除く全国のセブンイレブンで発売中(取り扱いのない店舗も)。