「ユニクロ」(本社:東京都港区)のグラフィックTシャツブランド「UT」と作家・村上春樹がコラボレーションした『Haruki Murakami / 村上RADIO UT』が、3月8日より発売される。

村上氏がディスクジョッキーをつとめる番組『村上RADIO』(TOKYO FM)で発表された今回のコラボ。ラインアップは、彼の著作6作品(『1973年のピンボール』『ノルウェイの森』『ダンス・ダンス・ダンス』『スプートニクの恋人』『海辺のカフカ』『1Q84』)とラジオ番組『村上RADIO』をモチーフにした、全8パタ―ンのTシャツのほか、ピンバッジ3種とステッカー1種。Tシャツには作品の印象的な装丁や文章があしらわれ、村上作品ファン垂涎の仕上がりとなっている。

村上氏は自身のラジオで「Tシャツって僕は昔から好きでいろいろ集めているんですけど、自分の名前の入ったTシャツを作るってなんだか恥ずかしいですよね。自分のTシャツを着て街を歩くっていうのはちょっとできそうにないです。でももう作っちゃいましたんで、もしよかったらみなさん試してみてください。なかなか素敵なデザインのTシャツがあります。よろしく」とコメント。

発売は3月8日より、全国の店舗またはオンラインにて。(一部店舗は異なる場合あり)

(C)Haruki Murakami 2021 (C)フジモトマサル (C)TOKYO FM (C)Maki Sasaki 2021 by Medialynx Japan