老衰で死ぬとき、体はどんな状態になっている?

老衰で死ぬとき、体はどんな状態になっている?

がんや心疾患など人間の死因にはさまざまありますが、そういった重大な病気や事故だけではなく、老衰が死因になることもあります。老化によって身体が衰えることがどのように死に結びつくのでしょうか? 今回のYouTubeのサイエンス系動画チャンネル「SciShow」は、老衰にまつわる研究やテロメアと寿命の関係について解説します。

テロメアと寿命の関係

ステファン・チン氏:あなたはおそらく、誰かが「老死」したと聞いたことがあるでしょう。

通常、それは単に加齢による合併症、または若い人なら助かるような肺炎などを意味します。なぜなら、老化は死の一因になり得ますが、ほぼ確実にそれが直接的原因にはならないからです。

体の細胞には寿命や分裂が止まる時期がありますが、それが記された死亡診断書はありません。これは細胞老化と呼ばれ、科学者たちはテロメアと呼ばれる染色体の終わりの小さな構造が原因だと考えています。

テロメアは、DNAを構成する化合物で、伸縮性のある反復ヌクレオチドのことを指します。そして、それらは細胞再生中に染色体の遺伝物質を保護するキャップとして機能します。

image1

細胞が分裂するたびに、染色体がコピーされる仕組みのおかげでテロメアは少しずつ短くなります。そしてテロメアが十分に短くなると、寿命が設定され、細胞は自身を複製することができなくなります。

細胞老化には他にも原因があります。1つは酸化的ストレスや、酸素を含む反応性の高い分子がDNAに与えるダメージが挙げられます。ほかにも糖化が挙げられ、それは糖分子が体の細胞の主要部分に結合し、その機能を妨げます。

残念ながら、これらはすべて時間の経過には逆らえません。しかし、それらに対抗するいくつかの方法はあります。

例えば、特定の食品に含まれる酸化防止剤がどのように酸化による影響と戦っているかを聞いたことがあるでしょう。

しかし、酸化を完全に止めることは不可能です。科学者たちは、細胞が複製できなくなる年齢をまだ確かには理解していません。それは加齢による病気や怪我が原因の死が、細胞老化による死よりもずっと早くに起こるからです。

image2

年をとってすべての原因からのダメージが積み重なると、何かが起こった時に細胞は正しく働いたり、自らを治すのに問題を起こす可能性が高くなります。

つまり免疫系が弱くなり、心臓や血圧の問題そしてアルツハイマーなどのあらゆる種類の怪我や病気に影響を受けやすくなります。

これらの疾患が現れると、動き回る能力や自分自身の世話をする能力に影響を及ぼし、臓器系にも問題を引き起こす可能性があります。

老化は死の一因に過ぎず、こういったことが死の直接的原因となるのです。

関連記事

ログミーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索