静岡県裾野市のパチンコ景品交換所から現金を奪ったとして、強盗などの罪に問われている男が6年前の別の強盗事件に関与した疑いで追送検されました。

捜査関係者によりますと、住所不定の無職の被告(34)は2015年11月、裾野市伊豆島田のエスポット裾野店の宝くじ売り場で、閉店作業中の女性店員を刃物で脅し、現金数十万円を奪った疑いで追送検されました。
被告は、容疑を認めているということです。警察は被告が別の特殊詐欺事件にも関与したとみて調べています。
被告は去年8月に裾野市のパチンコ景品交換所から、現金およそ22万円を奪ったなどの罪で起訴され、現在公判中です。