静岡県沼津市出身の宇佐見りんさんの芥川賞受賞を祝う看板が沼津市役所に設置されました。

受賞を祝う看板は横1.2メートル縦4.6メートルで沼津市市役所の正面玄関前に設置されました。
市では今後の活躍を祈ると共に、活動について応援していきたいという思いを込めて設置したということです。
宇佐美りんさんは沼津市生まれの21歳の大学生でデビュー2作目が第164回芥川賞を受賞しました。
受賞作となった「推し、燃ゆ」は、大好きなアイドルを応援することが生活のすべてとなっている
10代の少女が主人公の物語です。
応援していたアイドルが女性を殴ったとSNS上で炎上したことをきっかけに、少女の揺れ動く心情を描いています。