天竜浜名湖鉄道は車両の先頭部分に装着されていた直径60センチのヘッドマークをオークションに出品しています。

このヘッドマークはおととし10月の台風19号により、被害を受けた三陸鉄道を支援するため製作されました。
天竜浜名湖鉄道が岩手県の海岸線を走る三陸鉄道と交流協定を結んでいることから今回企画されたものです。
オークションは31日まで行われ、制作費を除いた額が三陸鉄道に寄付されるということです。