開会中の静岡県議会での答弁をめぐり、議長が川勝平太知事に注意しました。

3月4日の県議会本会議の冒頭で、山田誠議長は知事の答弁姿勢について「知事の一身上の行為については、知事が答弁するよう申し入れた。真摯に受け止め、誠実に対応してほしい」と注意しました。これに対して川勝知事は、「誠実に対応し、建設的な議論に徹する」などと述べました。
この問題は3月2日、自民改革会議の坪内秀樹議員が、知事に対し年末年始の帰省について質問しましたが、自分で答弁に立たず難波副知事が答えたものです。このため、議会運営員会は「質問の趣旨を理解して、誠意をもって臨むこと」などと申し入れていました。