ラーメンの幸楽苑が52店閉鎖へ。日高屋とどこで明暗が分かれたか?

11月10日、昭和29年創業の「幸楽苑」が52店舗の閉鎖を発表しました。同店は、不採算店の一部を先頃フランチャイズチェーン契約を結んだ「いきなり!ステーキ」へ転換することで活路を見出すことに。なぜ幸楽苑はここまで追い詰められてしまったのでしょうか。そして同社は「いきなり!ステーキ」との提携で再浮上することが出来るのでしょうか。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者・佐藤昌司さんが詳細に分析するとともに、幸楽苑の建て直しに何が必要なのかを探ります。

幸楽苑が不振で52店を閉鎖。「いきなり!ステーキ」に助けを求める

ラーメンチェーン「幸楽苑」を展開する幸楽苑ホールディングス(HD)は11月10日、全店の1割弱にあたる52店を閉鎖すると発表しました。

全国32都道府県に出店していますが、採算が合わない店舗を閉鎖し、出店エリアや出店形態などを見直す方針です。

不採算店舗の閉鎖に伴い、5億3,000万円の特別損失を計上しました。これにより、同日発表した17年4〜9月期の連結決算の最終損益は6億4,000万円の赤字(前年同期は5億6,000万円の黒字)となっています。

また、18年3月期通期の業績見通しを下方修正しています。連結売上高は409億円から388億円に引き下げました。営業利益は8億7,900万円から大幅に引き下げ、2,000万円としています。最終損益は2億円の黒字から一転、6億7,400万円の赤字に転落する見込みです。

業績が好調に推移している、ラーメンチェーン「日高屋」を展開するハイデイ日高とは対照的です。

ハイデイ日高の17年2月期決算は、売上高が前年比4.7%増の385億円、営業利益は5.3%増の45億円、純利益は5.7%増の29億円です。順調に収益を伸ばしている状況です。

一方、同年度(16年度)の幸楽苑HD(17年3月期)の売上高は前年比1.0%減の378億円、営業利益は83.1%減の1億4,700万円、純利益は16.0%増の1億5,400万円です。収益は停滞状況が続いている状況です。

tempo20171117-1

両社の売上高は同レベルですが、利益に関しては雲泥の差があります。16年度の幸楽苑HDの売上高営業利益率と売上高純利益率はそれぞれわずか0.4%に過ぎません。一方、ハイデイ日高の同年度の営業利益率は11.9%、純利益率は7.6%にもなります。利益率では両社の間に大きな開きがある状況です。

tempo20171117-2

幸楽苑は商品の価格設定でブレが生じたり、異物混入問題が起こるなどで業績が悪化しています。

幸楽苑はかつて、看板メニューの「中華そば」を390円(税抜き、以下同)で販売していました。その後、競争が激化したため、06年5月に100円値下げし、290円で販売するようになりました。しかし、食材や人件費などが高騰し、利益を圧迫するようになったため、現在は一部の店舗を除き、「あっさり中華そば」を390円、「二代目醤油らーめん司」を490円で販売しています。

こうして価格を変えていきましたが、収益性は抜本的には改善しませんでした。また、幸楽苑のラーメンは安いのか高いのかがよくわからないというイメージが定着してしまいました。こういったこともあり、幸楽苑の競争力は弱まり、日高屋などの台頭などもあって、収益は頭打ち状態が続いているのです。

16年10月に発覚した異物混入問題も影を落としました。「幸楽苑 静岡インター店」で働いていたパート従業員がチャーシューの仕込み作業をしていた際に、誤って左手親指を切断してしまいました。さらに、指がチャーシューの保管容器に残ったままとなっていました。そのことに誰も気づかず、後日、気づかずに商品に指がまぎれ、そのまま客に提供してしまったのです。そのことが報道により広く知れ渡ることになりました。

これにより、16年10〜12月の売上高と客数は大きく落ち込みました。特に問題発覚翌月の11月の落ち込みが激しく、客数は前年同月比13.7%減、売上高は12.9%減と大きく減少しています。

幸楽苑は新井田司氏(現社長・新井田傳氏の父親)が1954年に福島県会津若松市に「味よし食堂」を開店したのが始まりです。当時は「らーめん」を35円で販売していたといいます。67年に「幸楽苑」に改称し、70年に株式会社幸楽苑に改組しています。

75年にラーメンと餃子を核としてチェーン展開することを決めました。79年に駐車場付きの郊外型店舗をオープンし、以後、郊外型店の出店を推し進めていきます。80年にはフランチャイズ事業に進出し、加盟店の1号店が福島県郡山市に誕生しました。

店舗数は徐々に増えていき、12年には国内500店舗を達成しています。しかし、その後は競争の激化や幸楽苑の競争力の低下もあり、店舗数は伸び悩んでいます。近年は500店台前半で推移し、停滞感が漂います。

そうしたなか、幸楽苑HDは、ステーキ店を展開するペッパーフードサービスとフランチャイズチェーン契約を結びました。福島市内にある幸楽苑を12月下旬に人気のステーキ店「いきなり!ステーキ」に転換するといいます。

「いきなり!ステーキ」は立ち食い形式のステーキ店で、リーズナブルな価格でステーキ料理を食べられることで知られています。駅前立地の店舗が多いため、気軽に利用できることも人気の理由の一つとなっています。

ペッパーフードサービスの業績は好調と言っていいでしょう。10月30日発表の17年1〜9月期の連結決算は、売上高が250億円(今期より連結決算になったため対前年同期比は省略)、営業利益は16億8,600万円です。営業利益率は6.7%と高い数値を示しています。ちなみに、16年1〜9月期の単独決算は、売上高が159億円、営業利益は6億2,800万円、営業利益率は3.9%となっています。

「いきなり!ステーキ」の出店は勢いが止まらない状況です。17年1〜9月期には25店を新たに出店し、9月末の店舗数は155店にもなります。

幸楽苑HDとしては、勢いに乗る「いきなり!ステーキ」をフランチャイズ展開することで、落ち込んでいる業績を回復させたい考えです。ペッパーフードサービスとしては、飲食業界に精通している幸楽苑HDがフランチャイズ展開することで、出店に弾みをつけたい考えです。

今回の提携は、当面、両社に恩恵をもたらすことになるでしょう。ただ、幸楽苑HDは、本業の幸楽苑を立て直さなければ未来はないと言えます。「いきなり!ステーキ」は補完的な位置付けでしかありません。幸楽苑の不採算店舗の閉鎖を推し進め、店舗オペレーションを効率化し、利益率を高める必要があります。そして、メニューの強化が必要でしょう。これからが正念場と言えそうです。

image by: 幸楽苑 − Home | Facebook

店舗経営コンサルタントの視線で企業を鋭く分析!
毎日更新されるブログはこちら

佐藤昌司のブログ「商売ショーバイ」

MAG2 NEWS

関連記事

おすすめ情報

MAG2 NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索