ビジネスメールでもよく使用する「〜させていただきます」というフレーズ。この「いただく」ですが、「頂く」、「戴く」、はたまた平仮名の「いただく」と、どれをチョイスすればいいのか迷ってしまった経験、誰にでもあるのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『神垣あゆみメールマガジン』では、そんなわかっているようでわかっていない、その表記の仕方に焦点をあてて解説しています。

「いただきます」の表記

■読者からの質問

「〜させていただきます」という言葉ですが、「戴きます」「頂きます」と、どっちを使うべきか迷うときがあります。どうかご指導頂ければ(戴ければ)幸いです。(読者 E.S 様)

■神垣あゆみさんの回答

E.Sさんの質問に対しては、表記の仕方に焦点を絞ってお答えしますね。

共同通信社『記者ハンドブック』によると「〜していただく」の「いただく」は補助動詞となり、表記としては平仮名書きとなっています。「〜させていただく」の場合も同様に補助動詞となるので、平仮名書きでよいと思われます。

参考までに、その他の「いただく」について触れてみましょう。『記者ハンドブック』では下記のように表記が統一されています。

同じ「いただく」でも「もらう、のせる」を意味する場合は「頂く」。

例)賞状を頂く  雪を頂く

「悪い、よくない」を意味する「いただけない」は平仮名。

例)そういう態度はいただけないなぁ

ちなみに、ご飯を食べるときの「いただきます」も平仮名です。

「戴く」は『記者ハンドブック』では新聞漢字表にない文字とされ、新聞上では「頂く」か「いただく」と表記されるようです。辞書では「常用漢字表」にない表記とされています。かといって「戴く」を使うのが間違っているというわけではなく、文章を書く際に「頂く」と混用しなければ、使用する分には問題ないと考えます。

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS