「ニッカウヰスキー」の年代物ウイスキー「竹鶴」のうち「17年」「21年」「25年」の3種類の販売が3月末で終了すると日テレニュース24の放送でわかった。ハイボールブームなど、ウイスキー需要が高まったことによる原酒不足が原因だという。

人気なのに…国産ウイスキー販売終了相次ぐ https://t.co/BCSAyDhMUb #日テレNEWS24 #ntv

— 日テレNEWS (@news24ntv) January 14, 2020

 なぜ原酒不足に?

ウイスキーの場合、熟成にかかる期間は最低3年。年代物をつくるとなると、さらに長い期間が必要になる。そのため、需要に合わせた生産や対応が困難なのだ。こうした中、ハイボールブームなどでウイスキー需要が高まり、原酒不足に陥った。

海外でも人気の日本産ウイスキー

弊サイト『MAG2 NEWS』でも以前取り上げたが、日本産ウイスキーは海外でも絶大の支持を集めている。2016年にDrinks Internationalが発表した「世界トップ50のバー」のウイスキー部門の売り上げの1位には「ニッカウヰスキー」、3位には「山崎」、4位には「響」、5位には「白州」と、日本産のウイスキーが名を連ねていた。
● 日本産ウイスキー、世界各地で品薄すぎて本場・英国人もキレ気味2015年には、世界で最も権威のある賞、「ワールド・ウイスキー・バイブル」が選ぶ世界最高のウイスキーとして「山崎シェリーカスク2013」が選ばれた。著名な専門家からも「言葉では言い表せないほどの非凡さ」と評価されたこともあり、日本産のウイスキーは世界から求められるようになった。

「空き瓶」転売も

日テレニュースによると、ウイスキーの「空き瓶」がメルカリなどのフリマアプリで売りに出されているようだ。竹鶴の25年の空き瓶は1万8000円で売れていたというから驚きである。空き瓶に、別のウイスキーを入れ替えて提供されないことを祈るばかりだ。

 Twitterの声

ニッカウヰスキーの竹鶴17年というのが、原酒の調達が間に合わないという理由でなくなってしまうそうな。うちはウイスキーはあまり飲まないけど、昔からあった伝統のあるものが消えるのは寂しいなって思った。

— 別宮ルフェ (@bekku_luphe) January 13, 2020


ウイスキー作ってる会社がもうこれから熟成させる原酒ねぇわってそんな、そんな、そんな……

— ジョディ・レル(田所直樹) (@jeeg1975) January 13, 2020


ウイスキー原酒不足、予想はしていたけど竹鶴もか。ヤフオクとか見てもウイスキーの値段以上に上がり過ぎや、完全に投機目的で購入している連中がいるってことだよね。また高くても買う人がいるから困る

— 想像を絶するルーズ (@tavinareteila) January 13, 2020


ウイスキー、猫も杓子もハイボールで飲みすぎなんだよ。原酒が飲みつくされてノンエイジしか残らなくなっちゃうじゃないかよ。

— reno (@__r_e_n_o__) January 14, 2020


まじか。。。
販売休止ではなく終了ということは本当に原酒ないな。

ニッカ年代物のウイスキーだと原酒作るのに少なくとも
12年以上かかっててそれが複数必要だからなぁ。。。
ちょうどウイスキー市場の売上が大暴落してた時だし、
今となって供給満たせないのは仕方ないか。。。

— ワークハッカーてらもん@時間のないサラリーマンの救世主 (@workhackertera) January 14, 2020


マッサンで火が点いた国産ウイスキーブーム、ついに原酒不足になってしまったか。設備投資してもそれを回収出来るのはかなり先だから、かなりギャンブル性の高い商売だよな、ウイスキー作りって。

— ばおー (@Mayanotopgun) January 14, 2020


大好きだった黒角の原酒不足から販売が終了してどれだけ経つか。日本の国産ウイスキーはずーっと売れ続けるから、メーカーさん未来の名品のためにたくさん原酒を仕込んでください。。お願いします🙇‍♀️

— dragon* (@draetomo) January 14, 2020


ウイスキーの原酒不足は世界的な傾向なんだよなあ。ウイスキー好きとしては辛い所だ。

— longlow (@longlow) January 14, 2020


マッサンの放映なんて14年のわけで、もっと早期に原酒の増産や輸入をすべきだったんだよ。放映以前からウイスキーブームは来ていたんだし。

— ジョン万太郎 (@John_Mantaro) January 14, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: 日テレニュース24

image by:SubstanceTproductions / Shutterstock.com

MAG2 NEWS