トヨタ自動車は23日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受け、グループ会社を含めた5カ所の国内工場の一部稼働を4月3日から停止すると発表したと時事通信、日本経済新聞、読売新聞などが報じた。国内最大の自動車メーカーの稼働停止という衝撃的なニュースに、日本のネット上でも驚きの声が多くあがっている。

トヨタ、国内5工場を停止 新型コロナの需要減で https://t.co/D2FaqNjCf9

— 日本経済新聞 電子版 (@nikkei) March 23, 2020


3万6000台の減産

時事通信によると、稼働を停止するのは、愛知県豊田市の「高岡工場」「堤工場」、愛知県田原市の「田原工場」、福岡県宮若市の「トヨタ自動車九州宮田工場」、東京都羽村市の「日野自動車羽村工場」。稼働停止期間は現時点で4月3日から最短6日まで、最長で15日までを予定している。これにより、およそ3万6000台の減産が見込まれるという。

トヨタ、4月上旬から国内5工場停止へ 新型コロナで需要減 https://t.co/dnBqv11HZO

— 時事ドットコム(時事通信ニュース) (@jijicom) March 23, 2020


作った車を運び出すこともできない

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、各国では外出制限が行なわれている。こうした市場や需要の状況を鑑みて、今回の稼働停止を決めたという。トヨタ関係者は「作った車を運び出すこともできない状況」と話しており、しばらく不透明な状況は続きそうだ。

高岡工場では感染者も

愛知県豊田市の「高岡工場」では2人の感染者が出た。1人目は19日に、2人目は22日に感染が確認されたという。2人は同じ製造ラインで作業していたという。新たな感染を受け、高岡工場は一部の生産ラインを3日間止め、工場内を消毒。感染者2人の濃厚接触者32人を自宅待機としている。

相次ぐ生産停止

トヨタ自動車の海外拠点では北米や欧州、東南アジアやインドなどで稼働停止していたが、ほかの自動車メーカーでも生産停止が相次いでいる。日産はイングランド北部のサンダーランド工場で3月17日から3月20日までの生産停止を発表。ほかにも、フランスPSAグループは欧州で、傘下のボクソールは国内のエルスメアー、ルートンの両工場で3月27日までの生産停止を発表している。

Twitterの声

トヨタ工場の製造ライン止まり始めたのはヤバイな、、、😥

— 荒ぶるゲッペ@エピセブ・グラブル・シャドバ・アトリエ勢 (@_geppeII) March 24, 2020


トヨタ工場の非正規の従業員はどうなるの?#ij954

— カピタンはモジャよ (@grancapitanmoja) March 24, 2020


オリンピック延期、トヨタ工場も停止、さらに経済に影響出そう…ウチの会社も他人事じゃない

— ※ (@komegakuita___i) March 23, 2020


トヨタ工場が5か所も停止ってやばくね?

これ、リーマンよりやべーことになりそう
っていうかなってるよね

どうすんだこれよう…

— ヤン (@1641akari) March 23, 2020


トヨタ工場近辺のマンションオーナーも震えるよ。社宅の解約で家賃収入激減する。リーマンショックの時に見たよ、これ。他の車関連も続くだろうなぁ。ひどいよ、、、

— 考える猫 (@neko_kangaeru) March 23, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source:時事通信、日本経済新聞、読売新聞、日テレニュース24、日本貿易振興機構

image by:Joerg Huettenhoelscher / Shutterstock.com

MAG2 NEWS