緊急事態宣言解除後の日本は「7割経済」になると言われています。ここで重要なのは、私たちの雇用や給与はどのように変化するのかという点です。(『元証券会社社長・澤田聖陽が教える「投資に勝つニュースの読み方」』澤田聖陽)

※本記事は有料メルマガ『元証券会社社長・澤田聖陽が教える「投資に勝つニュースの読み方」』2020年5月26日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

日本は「7割経済」へ

日本政府は5月25日、緊急事態宣言を全面解除しました。 4月7日の緊急事態宣言から2か月弱、その間経済活動の多く部分が制限されてきました。その結果は、今後のGDP速報の発表で明らかになるでしょう。 おそらく戦後経験したことのないようなマイナス数字が出てくると予想します。民間エコノミストの予測では、年率換算で前期比20%以上のマイナスになるという見方が強いようです。出入国についても引き続き制限されています。 またコロナウィルスについても完全に収束したわけではなく、秋以降の第2波が心配される中での経済の再開です。 このような制限された状況の中で「7割経済」という言葉が散見され始めました。企業は、当面はコロナ前の7割程度の経済規模に順応していかなければいけないということです。 今後の経済が、V字回復するのか、U字回復なのか、もしくはL字でなかなか回復しない状況になるのかは、現時点では誰も答えは分かりません。 ただし、エコノミストの見方では少なくともV字回復は難しいという見方が支配的になっているようです。 少なくとも、特効薬やワクチンが開発され市井に行き渡るまでは、コロナと共生していくしかないという見方が出てきており、そのような制限された状態の経済を「7割経済」と表現しています。

雇用・給与はどう変化する?

企業は当面は7割経済で、儲けるまでいかないにしても、少なくとも大赤字を出さないような体制を構築することを迫られているということになります。 ここで重要なのは、7割経済では雇用や給与はどのように変化するのかという点です。 アメリカであれば、指名解雇を行い、人員を7割経済に対応できる体制にして早急に順応を図るでしょう。その証拠にアメリカでは失業率が急上昇しており、3月に4.4%から4月には14.7%と急上昇しています。おそらく5月以降も当面は高い失業率が続くでしょう。 一方、日本は解雇規制が強く、なかなか指名解雇は難しい環境です。 解雇は出来ないため、ボーナス等は減らすにしても、今までの10割経済の体制をある程度引きずっていかざるを得ない状況になります(さすがに希望退職者を募る企業は増えてくると思いますが、この環境下で手を上げる人が増えるかは疑問です)。 日米の違いをまとめると以下のとおりになります。 アメリカ:指名解雇ができる→企業は早めにコストをスリム化し再成長に向かって走り出す→しかしながら失業率は急上昇し、政府が面倒をみなければいけなくなる 日本:指名解雇は難しい→企業は高コスト体質を引きずらなければいけないので企業業績の回復が遅れる→企業の業績が悪化し、最終的にどうしようもなくなったらリストラをせざるを得なくなる

  日本企業は業績回復に時間がかかる

前項のまとめを見てわかると思いますが、企業業績については明らかにアメリカ企業の方が早く回復基調に入るでしょう。 日本企業は、解雇規制という決まりに縛られて、業績回復に時間がかかることが予想されます。 アメリカ企業は株主還元(無駄なお金は自社株買いや配当で株主に還元してしまいます)の意識が強く、日本企業ほど内部留保が潤沢ではないので、早くコスト構造を変えて、キャッシュアウトを防がないと倒産してしまうという面もあります。 逆に言うと、この10年弱で日本の企業は内部留保を積み上げてきましたので、コロナのキャッシュアウトにもある程度耐えうる財務状況であるとも言えます。 どちらが正しいという明確な結論は無いのですが、日本の雇用慣習だとスピードが遅くなることは確かです。

日本企業に求められる「生産性の向上」

私は以前から、厳しすぎる解雇規制が労働者自身の首を絞めていると言い続けてきました。 終身雇用がまっとうされている世の中では、企業に解雇を許さない雇用体系が一番良かったのですが、さすがにバブル崩壊から30年以上経って、終身雇用をまっとうできる企業は無くなっています。 またそのような雇用慣習が、日本の労働生産性が悪いと言われる原因になっていることも間違いないと思います。 これは著名エコノミストのデービット・アトキンソン氏が言っていたことですが、コロナ後の日本が目指すべきところは生産性の向上だと。 人口が減少していく日本でGDPを維持していくには、「生産性の向上」しかないと。そして質の高い企業は残して、M&Aによる企業淘汰を推進し、新陳代謝を促さなければいけないと。 私も、まったく同意見です。 今は混乱期なので、短期的には全ての企業を倒産させないような政策が正しいと思いますが、混乱が収まった後は、合従連衡を促し、日本企業の生産性を向上させる政策が必要だと思います。

<初月無料購読ですぐ読める! 5月配信済みバックナンバー>

※2020年5月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

※本記事は有料メルマガ『元証券会社社長・澤田聖陽が教える「投資に勝つニュースの読み方」』2020年5月26日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込880円)。

【関連】時間切れでコロナ連鎖倒産へ。政府の無計画自粛要請で企業の手元資金が底をついた=斎藤満

【関連】コロナ騒動前に米国トップ企業CEOは逃亡成功? 1月だけで219人が辞任していた=In Deep

【関連】au「KDDI」の名を捨て天下取りに本気。auPAYの失策大炎上を経て快進撃が始まった=岩田昭男

『元証券会社社長・澤田聖陽が教える「投資に勝つニュースの読み方」』(2020年5月26日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

MAG2 NEWS