新型コロナウイルス感染拡大の影響で多くの企業がダメージを受けました。一方で、業績をアップさせた企業もあります。その中で、株式アナリストとして個別銘柄・市況の分析を行う馬渕磨理子さんが注目したのは、100円ショップの『キャンドゥ』。株価も上昇しているといいます。コロナ禍の中で、キャンドゥが取った戦略、そしてどんな商品が売れたのでしょうか? 馬渕さんが解説していきます。

プロフィール:馬渕 磨理子(まぶち・まりこ)
京都大学公共政策大学院、修士過程を修了。フィスコ企業リサーチレポーターとして、個別銘柄の分析を行う。認定テクニカルアナリスト(CMTA®)。全国各地で登壇、日経CNBC出演、プレジデント、SPA!など多数メディア掲載の実績を持つ。また、ベンチャー企業でマーケティング・未上場企業のアナリスト業務を担当するパラレルキャリア。大学時代は国際政治学を専攻し、ミス同志社を受賞。
Twitter https://twitter.com/marikomabuchi

100円ショップ『キャンドゥ』の4倍返し

新型コロナウイルスの感染拡大により、マスクやウェットティッシュなどの衛生商品は品不足となりましたが、そこで需要を獲得したのが100円ショップです。中でも、キャンドゥの株価はコロナ以前よりも高くなっています。

3月の底値1411円から、直近の高値2569円まで(1158円幅)上昇。コロナ以前の下落幅でみると、2月10日の1684円からの下落→3月13日の底値1411円(273円幅)の下落となっていますので、コロナ禍の中で、『4.2倍返し』となっているのです。

また、キャンドゥは7月13日に業績上方修正を出しています。2020年11月期の売上高を前期比4.2%増の737億5000万円→743億円へ、営業利益を同22.4%増の12億円→14億6000万円へ、純利益を同29%増の2億3000万円→4億2000万円へ上方修正しました。

純利益はもともと2億3000万円の29%減を見込んでいた従来の予想から一転して、増益見通しとなっている点も好感材料となっています。コロナショックによるダメージを受けている企業が多いなかで、上方修正を出すことができる、キャンドゥの強みを見ていきましょう。

「ピンチをチャンス」に変え、売上高を伸ばす

既存店売上高の推移を見てみると、20年2月(109.6%)、3月(98.8%)、4月(105.2%)、5月(113.0%)となっています。3月は100%を割り込む時期もありましたが、4月、5月は前年同月比を上回りました。

キャンドゥ_図1

(決算説明資料より)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、緊急事態宣言が発令された期間内において、外出や県を跨いだ移動の自粛による大都市店舗の売上減少や、テナントとして入る商業施設の休業や営業時間の短縮、新規出店時期の延期などの減少要因も当然あったようです。

しかし、そのタイミングで需要が高まった、衛生関連商品等の販売を強化するとともに、生活必需品の継続供給に努めた結果、業績計画をやや上回る結果で推移しています。

まさに、「ピンチをチャンス」に変えることができたのです。

利益面でも、一部の商業施設が休業したことによって、本来発生するはずだった、水道光熱費や賃料などの固定費が減少したことなどから、販売費及び一般管理費は想定を下回り、営業利益、経常利益並びに親会社株主に帰属する四半期純利益について当初予想を上回りました。

100均で何が一番売れている?

キャンドゥの決算説明会資料において、直営店舗の商品カテゴリー別売上高が月毎に公開されています。消費者の心理状況が映し出されており、興味深い内容となっています。

3月、4月は缶詰、タオルやハンカチが前期比で売上高が170%前後と高い需要となっていました。感染拡大の懸念からくる需要により、衛生用品は120%の伸びとなっています。また、家で過ごす時間が多くなったことで、巣ごもり消費としての手芸用品の需要が伸びており、手芸用品が130〜145%の売上高となっています。

キャンドゥ_図2.jpg

(決算説明資料より)

5月に入ると、4月まで170%の売上高だった缶詰・瓶詰が110%に需要が落ち、6月に入ると90%台前半に落ち着いています。3月、4月の頃を思い出していただくと、日本でも「都市封鎖=ロックダウン」が行われるのではないかといった、混乱状態になっていました。

人々が「食料品が手に入らなくなるのではないか」との不安から缶詰やレトルト消費を買い漁っていましたが、5月頃には物流はしっかりと動いている事が認識でき、食料品が手に入らなくなる心配もなくなり、一気に缶詰需要が引いた格好です。

対照的に、ボトル・スプレーの売上高が前期比150〜170%に伸びています。アルコール除菌の詰め替えなどに使われているようで、引き続きコロナ感染拡大への予防意識が高いことが伺えます。

たった数ヶ月ですが、我々は新型コロナとの向き合い方が全く分からなかった時期と、今のように、ある程度コントロールしながら進むのとでは、全く違う消費行動となることが分かります。

キャンドゥ_図3.jpg

(決算説明資料より)

キャンドゥ、人気の「200円、300円、400円、500円」商品

100均一の次なる、生き残りのカギとなるのが、100円以外の高価格帯の商品です。キャンドゥの公式サイトで7月3日、「200円、300円、400円、500円」商品の販売開始が発表されました。

キャンドゥといえば、他の100円均一のショップが別価格帯を売るようになった中、特に「100均」にこだわっていたお店ですが、とうとう、「100円以外」の商品の販売をスタートしたのです。

たとえば、200円商品は「健康サンダル」や「ストレッチスリッパ」、300円商品は「接着グルーガン」、400円商品は「延長コード1個口」「コード付安全タップ3個口」、500円商品は「充電式モバイルバッテリー」といったものが紹介されています。

また、ネイルサロンに行きづらい点や、自宅で過ごす時間が増えたことから、ネイルに使用できるLED(UV)ランプが買えることも、SNSで話題となっています。お値段は550円。ダイソーやワッツでは既に100円以外の商品の展開をしており、100円以外の商品では他社にはない「キャンドゥ」らしさが求められることになるでしょう。

いずれにしても、100円均一業界は、100円以外の商品で魅力的な商品展開をすることが重要なカギとなりそうです。

キャンドゥはキャッシュレスが遅れている

一方、キャンドゥはキャッシュレス化が遅れています。ダイソーはほぼ、全国の店舗でPayPayが導入されているものの、キャンドゥは店舗によってばらばらで、PayPayの取り扱いをしている店舗がまだ限られているのです。

私馬渕もキャンドゥを愛用している一人ですが、近所のキャンドゥで、6月頃からキャッシュレス対応が可能となったことが分かりました。決済の際に喜んでSuicaを差し出すと、「交通系はご使用できません」と断られました。PayPayには対応したようでしたが、交通系はまだ先のようです。

いま、絶好調の100円均一ですが、やはり、今後はキャッシュ対応のバリエーションを増やしていくことは必要となるでしょう。

デフレに強い、100円均一業界。ウィズコロナの時代において、先行き不透明感から安くていいモノの需要は今後も高まることは間違いないといえます。一方、競争の激化が予想されることも確かです。

感染拡大の懸念から、「現金」を敬遠する人も増えてきています。新しい生活様式が浸透してきている今、キャンドゥもキャッシュレス対応を進める必要があります。さらなる飛躍を目指すには、今後その対応がカギとなるでしょう。この先、どのくらいキャッシュレス化が進んでいくか見守っていきたいです。

image by: 著者提供

MAG2 NEWS