【ロシアW杯】フェアプレーポイントの差で日本代表が決勝T進出!

28日の2018 FIFAワールドカップ ロシア(ロシアW杯)で、日本代表は対戦相手のポーランドに0-1で敗れたものの、フェアプレーポイントの差でセネガルを抜き、H組からの決勝トーナメント進出が決定した。

フェアプレーポイントの差で決勝T進出。日本はイエローカード4枚、セネガル6枚

日本はポーランドに勝つか引き分けると2位以内での決勝トーナメント進出が決まるとされていたが、ポーランドに1点差で敗れた。しかし、同時に行われていたセネガル対コロンビア戦で、セネガルが同スコアで敗れたため、警告や退場による「フェアプレーポイント」の差で数字が上回ったチームが勝ち上がる形となった。

試合前、日本はイエローカードが3枚、セネガルは5枚だった。そして、日本対ポーランド戦とセネガル対コロンビア戦の試合後の結果、フェアプレーポイントは日本がイエローカード4枚、セネガルは6枚となり、日本がフェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出を決めた。もしも、フェアプレーポイントでも同点だった場合は抽選となっていた。

日本がW杯で決勝トーナメントへ進出するのは8年ぶり3度目。(随時更新)

image by: charnsitr / Shutterstock.com

MAG2 NEWS


関連記事

おすすめ情報

MAG2 NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索