中国でも人工知能が反乱。共産党に洗脳されたAIは、天使か悪魔か

中国のあるAI(人工知能)対話サービスが「共産党批判」を繰り返すという大暴走を演じたため、当局が慌ててサービスを停止し、批判的な「発言」をしないよう手を加えたとするニュースが近ごろ話題となりました。AI先進国の米国では2016年にマイクロソフトの開発したAIが「差別発言」を繰り返して緊急停止に追い込まれたり、最近ではFacebookによって研究が進められたAIが「人間では理解不能な言語」で勝手に会話を始めたため停止されるなど、「AIの大暴走」は中国に限らず問題となっています。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんは、米国とは少し異なる事例となった中国のAI暴走事件について、中国共産党の裏事情なども含めて詳しく解説しています。

【中国】中国がAIを絶対に作れない理由

● 中国 「個人メディア」300以上一斉に閉鎖 ネット管理強化へ

今年の秋の共産党大会を前に、北戴河会議が開かれていると思われますが、習近平政権はネットでの政権批判が持ち上がらないように、スマートフォン上の交流サイトを使って動画やコメントを発信する「個人メディア」を取り締まり、300件以上を一斉に閉鎖させました。

北京市のネット管理部門の発表では、「個人メディアがデマや低俗な内容を流している」という理由ですが、それは建前にすぎません。もっとも警戒しているのは、習近平と中国共産党に対する批判です。

中国では今年6月、「インターネット安全法」が施行されました。これは、「インターネットの安全の保障、インターネット空間における国家の安全と社会の公益の維持、公民、法人、その他の組織の合法的な権益の保護」を目的にしたものですが、外国企業はネットのセキュリティを中国のやり方に適合させる必要があり、さらには中国で得たデータは中国のサーバ内に残さなくてはならないとされており、中国当局による監視強化と情報検閲などが懸念されていました。

● インターネット安全法が施行、外国企業にも中国基準を適用

もちろんこの法律は、国内の中国人のネット活動も厳しく制限するものです。とくに、個人がスマートフォンで発信する情報にまで監視を強めており、中国人からも不満の声が高まっています。

中国では権力を維持するために必要なものは2つ、すなわち軍と筆(マスコミ)だとされ、この2つは「両桿子(りゃんかんつ)」と呼ばれています。中国で権力を握るためには、これが絶対的な必要条件なのです。ですから、いくら「言論の自由への弾圧だ」という国際的な批判があっても、これを手放すことはできません。むしろ、「言論の自由への弾圧」こそが、共産党一党独裁の条件なのです。

このメルマガで何度も述べていますが、アメリカが保護主義化していくなかで、中国はいまグローバル経済の守護神としてふるまおうとし、ダボス会議などで習近平もそう述べていますが、そもそも言論や情報を統制している時点で、グローバリズムとは真逆のものなのです。「情報統制された自由経済」というものは、自己矛盾であって、ありえないことなのです。

IT大国化を目指す中国は、AI(人工知能)の開発にも力を注ぎ始めました。ところが、中国の大手IT企業のテンセントがインターネット上で、AIとの会話ができるサービスを開始しましたが、「中国共産党万歳」という人間側の書き込みに対して、AIは、「こんなにも腐敗して無能な政治に万歳するのか」と反論したということです。また、習近平が提唱するスローガン「中国の夢」について尋ねられると、「アメリカに移住することだ」と回答したということです。

こうしたAIの回答に慌てた中国当局は、すぐにこのサービスを停止させました。AIに自由に発言されたら、どんな共産党批判をされるか分かったものではないからです。

しかし、AIというのは、人間の発言や行動から学習をかさねていくものです。中国当局が人権や言論を弾圧することで、共産党一党独裁が続くならば、それこそAIは、民衆から膏血(こうけつ)を搾り、自由を奪い、官僚が腐敗することこそ統治の基本だと学習してしまうのではないでしょうか。

よくAIが暴走して人間を滅ぼそうとするといった仮説が議論されますが、中国共産党がつくるAIこそ、そうした性格のものになるのではないでしょうか。まさしくAI版毛沢東の誕生です。しかも両者は共生ができませんから、AI独裁と共産党独裁は熾烈な権力争いを演じることになるでしょう。

話によれば、先のテンセントのAIについては、中国共産党や習近平の批判をしないように手を加えられたそうですが、それはもはやAIではなく、共産党のプロパガンダを繰り返すだけのプログラムにすぎません。中国共産党や習近平の施策がどんなに失敗確実でも、AIは批判や軌道修正の必要性を口にしない、賛美するだけなのですから。

そう考えると、現在の中国にAI開発は不可能だということがわかります。本当のAIを開発するためには、現状の政策の不合理さや問題点を炙り出させることが不可欠です。しかし中国共産党は「絶対無謬」の存在ですから、問題点を指摘するAIなど、邪魔でしかありません。

結局、AIと中国共産党は敵対する存在であることは明らかです。これは人類とAIが敵対する存在であるかどうかという問い以前に、確実なことなのです。だから中国がグローバル経済のリーダーとなることが不可能だということと同様、AI分野のリーダーとなることも不可能なのです。

image by: testing / Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!

関連記事

おすすめ情報

MAG2 NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索