台湾のビール缶に「旧日本軍」で炎上、真相は親中派の工作活動

台湾・台中市にある道教の寺院がイベント向けに作ったビールのデザイン缶に、「旧日本軍の絵が描かれている」と台湾の親中派の議員がFacebookなどで書き込み騒動になりました。しかし、台湾メディアによると真相は全く異なっていたようです。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、親中派の議員をはじめ、この話を鵜呑みにして日本と台湾の仲を離間させようとした中国メディアを厳しく批判しています。

【台湾】些細なことで日台離間を仕掛ける中国の姑息

● 台湾ビール缶に旧日本軍のイラスト、「台湾ネットユーザーが反発」と中国メディア

台湾ビールの限定パッケージが、中国統一派の標的にされたようです。台湾ビールから発売されている「金牌」というブランドが発売した、期間限定パッケージに描かれているイラストが問題視されました。発端は、中国統一派によるFacebookへの投稿です。以下、記事を引用します。

あるネットユーザーが22日、フェイスブック上で『台湾ビールの新しい包装に、媽祖(※編集部註:中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神)と旧日本軍のイラストが描かれている。媽祖に対する著しい侮辱であり、これは植民地時代の記念なのか、それとも植民地時代に戻りたいのか』とし、イラストが描かれた缶パッケージの写真を紹介するとともに、拡散を求めたことを伝えた。

このことを最初に報道したのは中国系メディア「環球網」でした。ここでは上記のような内容のほかに、台湾は蔡英文総統を筆頭に媚日に懸命になっているのはおかしいと、台湾を糾弾しているような内容になっています。以下、一部を引用します。

不过,“媚日”的话题在岛内一直备受争议,网友曝光的台啤最新包装只是其中个例,这样的事情在台湾并不少见。

媚日の話題は台湾で議論になり続けており、今回の問題もほんの一例に過ぎない。

早先,台湾军方防空部队在屏东实施阅兵仪式自主训练时,被曝直接用上了日军军歌,经官兵反映后,才赶紧更换为台湾军乐。

先日は台湾の防空部隊が屏東で実施した閲兵式の自主訓練で日本の軍歌が用いられたことが暴露された。

此外,在今年初,一直宣称反核的民进党当局又被曝180度大转弯,拟开放日本核灾地区食品,一时让岛内舆论炸了锅。不少岛内民众痛批,“反核的说要开放核食?那还反什么核?都吃到核食了!”,更有网友直指“蔡英文媚日已经没有底线了!”

今年始めには、原発反対を主張してきた民進党当局が日本の原発事故被災地域の食品輸入を認めようとして台湾で大きな議論が巻き起こり、市民から痛烈な批判が出た。

● 台湾金牌啤酒新包装现“日本皇军” ! 台网友怒了:这是要回殖民时代?!

● 台湾ビール缶に旧日本軍のイラスト、「台湾ネットユーザーが反発」と中国メディア (レコードチャイナ)

この記事が荒唐無稽なことは分かっていながらも、福島県産の食品への侮辱は、やはり看過できないものがあります。

中国では、『人民日報』で掲載されるニュースは信用できないということは常識です。すべて当局の都合のいいように作られたもので、「人民日報騙人民(人民日報は人々を騙す)」との言い方まであります。国民党に都合のいいように事実を捻じ曲げる姿勢は、メディアにおいてだけでなく、あらゆる面で見られることから、中国文化は「騙しの文化」とも言われています。

人民日報の国外版にあたる「環球網」も、フェイクニュースを流布するメディアとして有名です。これら中国のメディアは、中国共産党宣伝部の喉舌として知られ、党中央部の意向を分析するフェイクニュースの大本営としての価値しかありません。

また、この報道を受けて、台湾のアップルデイリーでも同じような報道がなされましたが、アップルデイリーの記事は台湾ビール側の言い分も掲載しています。

「日本軍の軍服と媽祖を同時に描くのは媽祖への侮辱ではないかとの意見があるが、どう説明するのか」という質問に対して、台湾ビール側は、日本軍の軍服を描いたわけではなく、イラストの人物がかぶっている帽子に描かれているのは媽祖廟のロゴであり、日本軍のマークではない。事前に許可も取っているし、媽祖を侮辱するなどととんでもないことだ。印刷が小さいから誤解を招いたのかもしれないと、釈明しています。

● 啤酒罐身竟印日本皇軍? 台啤喊冤稱誤會大(台湾アップルデイリー)

実際にイラストを確認すれば一目瞭然ですが、このイラストが日本軍の軍服には全く見えません。どれだけ悪意を持ってこのイラストを見ても、日本軍の制服には見えません。この荒唐無稽な言いがかりを拡散させたいのは統一派の人々ですが、台湾内ではあまり相手にされていません。台湾では、皮肉を交えて、どちらかというと人民解放軍の制服に似ているという人もいたとか。

台湾では、統一派による日本批判がちょくちょくあります。2017年4月に起こった八田與一像破壊事件、この事件についてはこのメルマガでも取り上げたことがありました。

2017年9月に起こった台湾大学流血事件、これは中国の歌番組の収録が台湾大学で行われる予定でしたが、台湾大学の学生が番組側が大学名を「国立台湾大学」から「台北市台湾大学」へと勝手に名称変更したことに対して、統一工作の一環だと抗議したのがきっかけとなり、八田與一像を破壊した中華統一促進党のメンバーが学生たちを殴ったことで事件へと発展したものです。

統一派勢力は、台湾内でいろいろと姑息な活動をしていますが、なかなか成果が挙げられず、焦っているのかもしれません。その結果が、今回の台湾ビール批判へと繋がったのかもしれませんが、これはあまりにバカバカしい言いがかりだったことから、台湾でもこの話題に注目する人は少なかったようです。怖いのは暴力です。

今回のように、メディアを利用した見え見えの言いがかりは無視すればいいだけですが、像を破壊したり学生を棍棒で殴ったりという暴力に発展することだけは避けたい事態です。暴力沙汰となり、警察が介入し、国際的にも注目を浴びることが、統一派の狙いだからです。統一派はあの手この手で攻めてきます。しかし、台湾人は彼らの挑発に乗らずにすべてを静観していればいいのです。

台湾では、統一派と見なされる「中国人華僑」は、国民党政権が消えてから主に中国政府と手を組んで、反蔡英文活動を中心に工作を行っています。この工作が「反日」とともに、「反台独」を目的にした破壊活動です。

戦後、中国から台湾にどっと入ってきた難民の武装集団が、台湾で華僑王国を築き、そのまま70年間にわたって台湾を支配してきました。しかし、時代は変ってきています。例えば、38以下の青年に「もし中国が武力侵攻してきたらどうするか」と聞くと、実に70%以上が祖国防衛に尽くすと答えています。

このことから、中国による台湾への恫喝は、逆に反中意識を高めるだけです。また、蔡英文総統や頼清徳行政院長の「実務台独」政策に対する口撃は、「効果なし」とみなされています。実際に中国の軍事力は、南シナ海における行為や台湾に向けた軍事演習を見ても分かるように、たいしたことありません。中国は、それをいかにも大げさに宣伝するから、「張子の虎」状態となってしまうのです。

image by: 蘋果日報

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー 中国の対米報復関税は習近平の命取りになる/中国の圧力にもかかわらず、国際社会で進む台湾の「国家化」(2018/04/4) 大谷翔平フィーバーの背後で、在米韓国人の反日活動が活発化する可能性/95歳の李登輝がいま「台湾独立」を呼びかける意味(2018/04/10) 中国当局の代弁者となったジャッキー・チェンに対して広がる反感/欧米の後押しを背景に外遊に出る蔡英文(2018/04/17) 南北首脳会談を前に軍事行動を活発化させる習近平の焦り(2018/04/024)

MAG2 NEWS


関連記事

おすすめ情報

MAG2 NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索