米国が画策する「北朝鮮の非核化」は、カダフィー大佐とそっくり

先日行われた南北朝鮮首脳会談で高らかに謳われた、朝鮮半島の非核化。この「非核化」についてトランプ陣営が、「リビア方式」を検討しているとの報道がなされました。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、かつてアメリカが当時のカダフィ政権に取った「リビア方式」について解説するとともに、同方式が日本に与える影響等を紹介。さらに読者から寄せられた在沖米軍の気になる動きについても記しています。

米、北朝鮮の非核化は【リビア方式で】の真意は???

南北首脳会談が終わり、いよいよ今度は米中首脳会談ですね。どうなるのでしょうか?

金正恩の意図は、前号「金正恩の狙い通り。北の大勝利に終わった南北会談の驚くべき作戦」で解説しました。少し引用してみましょう。

さて「板門店宣言」には何が書かれていたのでしょうか? ポイントは、「平和な時代が開かれた」と宣言されている。それに伴い、南北の人的、経済的交流が活性化し、結果として「経済制裁が無力化される」可能性がでてきた。

 

一方、世界が注目している「非核化」については「北の非核化」ではなく、「朝鮮半島の非核化」とすることで、問題を拡大させました。これはなんでしょうか? 金日成、金正日と同じ作戦だと思われます。

 

南北雪解けにより、北朝鮮は、制裁を無力化し、経済的利益を得る 一方、「朝鮮半島の完全非核化を目指す」とすることで、交渉を長引かせ、実質的に核兵器とICBMを保有しつづける

 

時は流れ、北朝鮮は、核兵器をもちつづけながら、経済的利益も得てしまう。まあ、「板門店宣言」の意味は、こういうことになります。すべて金正恩の狙いどおりに進んでいます。

これが金正恩の作戦。

一方、トランプ陣営はどうでるのでしょうか? 蓋を開けるまでわかりませんが、少し情報が出てきました。「リビア方式」でいくことが検討されているそうです。「リビア方式」ってなんですか〜?????????

リビア方式とは????

こちらをごらんください。

北朝鮮の非核化へ「リビア方式」検討、専門家は危険を指摘

CNN.co.jp 5/1(火)11:16配信

ボルトン米大統領補佐官は北朝鮮の非核化に向けて「リビア」方式を検討していることを明らかにした

 

(CNN)米政府は北朝鮮の非核化に向けた交渉について、「リビア方式」で対応に当たることを検討している。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が4月29日に明らかにした。

記事はこの後「リビア方式とは?」の解説がつづきます。

リビアのカダフィ大佐は2000年代初め、制裁解除と引き換えに核開発計画を放棄することに合意した。
(同上)

もう少し詳しく。

03年は、イラク戦争がはじまった年として知られています。この年の12月、リビアのカダフィ大佐は、「核兵器を開発していた」事実を認め、「無条件の破棄」を宣言しました。結果、欧米諸国との関係が、大いに改善された。06年には、「テロ支援国家」指定が解除されました。

「お〜、『リビア方式』というのは、要するに金正恩に核兵器を廃棄させ、制裁を解除し、体制を保証する。なんともWIN−WINなやり方なのですね????」

いえいえ。この話には、つづきがあるのです。CNNの記事を読んでみましょう。

それから数年のうちに、カダフィ政権は崩壊し、米政府が支援する反体制派によってカダフィ大佐は殺害された。
(同上)

これは、なんでしょうか? 2010年から中東、北アフリカで「アラブの春」と呼ばれる「民主化運動」が流行しました。リビアでも民主化運動が起こり、内戦に発展していった。この時、カダフィと和解したアメリカは、どうしたのでしょうか? なんと、「反カダフィ派」を支援したのです!

2011年3月、NATO軍がカダフィ陣営を攻撃。同年10月、カダフィは、欧米が支援する反カダフィ派につかまり殺されました。その時、血まみれのカダフィの映像が全世界に流された。衝撃を受けた人も多かったことでしょう。

「リビア方式」。アメリカからすると、大勝利ですね。交渉で核開発を放棄させた。しばらく仲よくしていたが、8年後に殺した。アメリからすると大勝利ですが、金正恩からすると、カダフィは、「反面教師」です。金から見ると、カダフィは、「狡猾なアメリカを信じたナイーブなバカ!」ということでしょう。

北朝鮮情勢に詳しい研究者によると、北朝鮮はカダフィ大佐の事例を引き合いに、金正恩(キムジョンウン)体制を存続させるためには、核兵器のみが米国に対する長期的な抑止力になると主張してきたという。
(同上)

北朝鮮側から見ると、当然です。もしカダフィに核兵器があれば、「わが国を攻撃すれば、イスラエルや欧州に核ミサイルを撃ち込むぞ!」と脅すことができたはず。アメリカも、リビアを攻撃できず、カダフィは生き残っていたでしょう。

リビア方式、日本にとっては?

リビア方式、日本にとってはどうなのでしょうか?

日本が恐れているのは、アメリカが過去の失敗を繰り返すことです。「過去の失敗」とは、

日米韓は、北朝鮮を経済援助している その一方で、北は核開発をつづけている

状態になること。実際、南北会談の結果、人的、経済的交流を活性化することが宣言された。このままでは、韓国から北に金が流れはじめ、経済制裁が無力化します。韓国にアメリカがつづけば、北朝鮮は、

制裁を解除され 経済支援を受け 核兵器については、長〜〜〜い交渉中(こっそり開発をつづける)

という過去の繰り返しになってしまうでしょう。しかし、アメリカが「リビア方式」に言及しているということは、「過去の過ちは繰り返さない」ということなのでしょう。日本は、「アメリカはだまされるのではないか?」と心配している。現状、「大丈夫そうだ」といえます。

しかしそうなると、「交渉決裂」→「戦争」という流れになる可能性も出てきます。思いだしてみましょう。金は1月、「アメリカ本土を攻撃できる核ICMBが完成した!」と宣言しました。しかし、アメリカ国防総省は、「まだ完成していないが、年内には完成する可能性が高い」としている。つまり、「戦争するならアメリカ本土を攻撃できない今しかない」となります。これに関連して、沖縄の読者Tさんから興味深いメールをいただきました。

北野幸伯様

 

RPEジャーナル毎回楽しく拝読しております。沖縄の事をいつも気遣ってくださりありがとうございます。最近の朝鮮半島の急激な情勢変化について個人的に感じている事をお伝えしたくてメール致しました。

 

経済制裁が効いてて北朝鮮が態度を変えてきた等と言われていますが、それも一理あるかもしれませんけれども、北朝鮮の態度の変化は、ICBMと核兵器の完成宣言によって、アメリカが北朝鮮に対する攻撃を本気で考えており、北朝鮮も含め東アジア諸国が慌てて戦争を回避するために状況が変化しているのではと私は感じてなりません。

 

なぜかと言いますと、私は沖縄本島在住ですが、私の自宅周辺は米軍航空機の騒音被害がほとんどない地域でしたけれども、今年に入ってから戦闘機の騒音がひどくなってきているからです。早朝から戦闘機の爆音が鳴り響いていますし、深夜までオスプレイの騒音が聞こえています。そのことから、米軍は戦争に備えて訓練を増やしているのではないかと思えてなりません。戦争は反対ですけれども、北朝鮮やアメリカの態度の変化と米軍の活発な活動をどうしても結びついてしまいます。

 

沖縄の米軍の状況が大きく変わってきているので思い切ってメール致しました。拙い文章ですが、読んでくだされば幸いです。

どうなのでしょうか?私としては、金が「リビア方式」を受け入れることを願います。しかし、彼が「カダフィのようにならない保証」も必要でしょう。そのためには、金体制存続を願う中国、ロシア、そして国連などの関与が不可欠になってきます。

image by: Flickr

MAG2 NEWS


関連記事

おすすめ情報

MAG2 NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索