天安門事件で学生を殺した中国共産党が、民主化の波に殺される日

2018年6月4日に「天安門事件」から29年目を迎えた中国ですが、2020年頃までに「大革命」が起きるとの予想もあるそうです。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、「国家ライフサイクル論」を用い、1989年には弾圧できた民主化運動も次の波は中国共産党では堪えられなくなるとし、その根拠を「ソ連崩壊までの過程」と比較しながら論じています。

天安門事件から29年、中国に自由は来るか?

6月4日は、中国の天安門事件から29年だそうです。香港では、こんな感じで「犠牲者追悼集会」が行われました。

● 天安門事件から29年、香港で追悼集会

「天安門事件」とは何でしょうか?

第2次大戦終結後、世界は米ソ冷戦の時代になりました。ところが、1980年代半ば、ゴルバチョフがソ連の書記長になると情勢が変わってきた。ゴルビーは、「ペレストロイカ」をはじめ、ソ連で「民主化」「自由化」が進みそうなムードになってきた。

ソ連と同じく「共産党の一党独裁国家」である中国でも、変革の波がやってきました。自由化推進の中心人物だったのは、胡耀邦共産党中央委員会総書記です。彼は、中国版「ペレストロイカ」をしようとした。ところが、実際の最高権力者だったトウ小平は、これに反対でした。

胡は1987年1月、失脚。そして、1989年4月15日、心筋梗塞で亡くなります。同年4月17日、北京で学生たちが追悼集会を行います。それはほどなく「民主化要求デモ」に転化し、全土に拡大していった。同4月21日、北京デモの参加者は10万人まで膨れ上がりました。さらに5月になると、50万人まで増えた。そして6月4日、ついに中国のトップは、「デモを武力で鎮圧せよ!」と命令しました。

これがいわゆる「天安門事件」です。犠牲者数、中国は319人としている。誰にも正確な数字はわかりませんが、欧米では「3,000人」とも「1万人」ともいわれています。

天安門事件とベルリンの壁崩壊

さて、天安門事件があった1989年、世界では私の人生にも大きな影響を与えた「歴史的大事件」が起こりました。「ベルリンの壁崩壊」です(1989年11月9日)。ドイツは第2次大戦後、西ドイツと東ドイツに分断された。二つの国は、「ベルリンの壁」によって、物理的にも分断されていた。これが崩壊し、90年10月には、東西ドイツが再統一された。そして、1991年12月には、共産主義陣営の総本山ソ連が崩壊し、冷戦は終結したのです。

なぜベルリンの壁崩壊が、私の人生に大きな影響を与えたのでしょうか? 私は、このニュースを見て、ソ連留学を考えはじめたからです。89年、中国で起こった「天安門事件」、ドイツで起きた「ベルリンの壁崩壊」。「どちらが歴史的大事件か?」と聞かれれば、ほとんどの人が「そりゃああんた、ベルリンの壁崩壊さ!」と答えるでしょう。なぜ?

「ベルリンの壁崩壊」の後、東欧・ソ連が民主化されていった。しかし、「天安門事件」の後、中国の体制は、まったく変わらなかったからです。

滅びたソ連、生き残った中国

ところで、なぜソ連は崩壊し、中国は生き残ったのでしょうか? 私は、「国家ライフサイクル理論」で解釈しています。ロシア革命が起こったのは1917年。ソ連建国は、1922年。中華人民共和国が誕生したのは1949年。ロシア革命の32年後です。ペレストロイカがはじまった時、ソ連はとっくに成熟期でした。ソ連は、独裁者スターリンの時代(1924〜1953年)に成長期をむかえ、一気にアメリカに次ぐ超大国になっていた。

一方、中国が成長期に入ったのは、トウ小平が開放路線を決意した1978年末。天安門事件が起こったのは、成長期の前期であり、共産党には勢いがあったのです。ペレストロイカに誘発され、自由化・民主化運動が起こったものの、それは政権を転覆させるほどにはなりませんでした。

ちなみに、2000年代半ば、日本では「中国崩壊論」が流行りました。「08年の北京オリンピック、10年の上海万博前後、バブルが崩壊。一気に体制崩壊まで進む」というのです。しかし、私は05年に出版した『ボロボロになった覇権国家』の中で、「中国は、08〜10年に起こる危機を短期間で乗り切るだろう」と書きました。その理由は、「中国がまだ成長期だから」でした。

中国の変革は近い

しかし、時代は変わっていきます。成長期の国は、必ず成熟期に突入する。では、中国はいつ成熟期に入るのでしょうか?私が見るに、中国は現在、「成長期後期の最末期」にいます。これも10年以上前から書いているように、2018年末から2020年頃成熟期に突入すると思います。

習近平は、二つのことを熱心に研究させているといいます。一つは、ソ連崩壊です。彼は、「ソ連崩壊は、バカなゴルビーが民主化、自由化したのが原因だ」と考えている。それで習は、逆に独裁を強化している。もう一つは、「日本のバブル崩壊」です。なぜ起こったのか? どうすれば回避できたのか?

研究は、一定の成果をあげるかもしれません。しかしこれらは、「ダイエットをすれば老化を遅らせることができる」といった類の話です。人間に時の流れを止めることができるでしょうか?

盤石に見える習近平体制。しかし、それほど遠くない未来に、私たちは中国の変革を目撃することになるでしょう。

image by: Flickr

MAG2 NEWS


関連記事

おすすめ情報

MAG2 NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索