アメリカの疾病管理センターが2019年11月に6年ぶりに発表した薬剤耐性脅威レポートの内容について、「日本も含めた世界的なもので深刻な状況」と警鐘を鳴らすのは、メルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』の著者で沖縄在住現役医師の徳田先生です。徳田先生は、今回挙げられた新規2つを含む5つの菌についてその症状や対策を解説。風邪などウイルス性の病気で抗菌薬を処方する医師にも、要求する患者にも問題があると、正しい対処法を伝えています。

予想を超える深刻な状況。薬剤耐性緊急脅威菌とは?

2019年11月、米国疾病管理センターは薬剤耐性脅威レポート2019を発表した。前回が2013年だったので、6年ぶりのレポート。今回の報告は、すでに脅威が以前の予想より大変深刻な状況になっているとしている。

1年間にアメリカでは、280万人が薬剤耐性菌による感染症にかかり、少なくとも3万5000人死亡しているとの報告だ。院内感染の原因菌で最も多い、クロストリジオイデス・デフィシル菌は年間22万3900ケースであり、このうち少なくとも1万2800人が死亡と報告している。

これはアメリカだけの問題ではなく、日本も含め世界的なものだ。日本の発生数と死亡数もかなりの数になっているであろう。クロストリジオイデス・デフィシル菌は日本の院内感染症としても20年以上前からよくみられていた。下痢や発熱をきたし、重症では大腸(結腸)が巨大化し、全身の中毒症状をもたらす。これは中毒性巨大結腸症と呼ばれる状態だ。死亡率も高い。抗菌薬を投与された入院患者さんがリスク投与となる。

今回の薬剤耐性脅威レポートは、薬剤耐性緊急脅威菌として5つの菌を挙げた。緊急に対策が必要という意味。ここでの菌は細菌と真菌を意味する。真菌とはカビのこと。緊急脅威には、クロストリジオイデス・デフィシル以外に、下記の4つの菌を含む。カルバペネム耐性腸内細菌科細菌、薬剤耐性淋菌、アシネトバクター、そしてカンジダ・アウリスだ。このうち、アシネトバクターとカンジダ・アウリスは今回のレポートで新たに緊急脅威菌に含まれた。

悪夢の細菌、そして薬剤耐性淋菌

カルバペネム耐性腸内細菌科細菌は「悪夢の細菌」と呼ばれている。ほとんど全ての抗菌薬が効かないからだ。体内にカテーテルが入っている患者さんでリスクが高い。血管内に留置されたカテーテルに沿って血液中に侵入し感染をきたすと死亡率が高い。

薬剤耐性淋菌は性行為感染症をきたす。淋病だ。性行為により、膣や尿道、口腔、肛門の粘膜に菌が侵入して感染する。男性では尿道炎、女性では子宮頚管炎をきたす。合併症として、不妊症や異所性妊娠をきたすことがある。HIV感染症にかかりやすくもするのだ。これまで効いていたさまざま抗菌薬、特にセフトリアキソンという抗菌薬が効かないことで世界的に問題となっている。

淋菌だけでなく梅毒などの性行為感染症が世界的にも増えている。大きな原因はHIV感染症の予防内服が普及したためだ。HIV感染予防の薬を飲んで安心し、コンドームを使わなくなったのが大きい。薬では淋病や梅毒は予防できないので、コンドームを使うべきなのだ。

新規に緊急脅威となった菌たち

アシネトバクターとカンジダ・アウリスは今回のレポートで新たに指定された。このうちアシネトバクターは、院内感染を起こすカルバペネム耐性菌だ。環境中に長く生存できるので、病院の中で広がりやすい。肺炎、尿路感染、カテーテル感染、そして手術後創部感染などもきたす。

カンジダ・アウリスは日本人の研究者によって初めて記述されたカビだ。2009年に東京都健康長寿医療センターに受診した70才女性患者の耳の分泌液から分離され命名され報告された。さらに過去にさかのぼって分離されていたカンジダ菌を調査することにより、遅くても2004年にパキスタンと韓国で出現していたことがわかった。

カンジダ・アウリスは急速に世界に広がっており、現在では南極を除く全ての大陸で確認されている。病院や介護施設で容易に拡大し、致死的な感染症をきたす耐性菌だ。

この薬剤耐性緊急脅威菌が次々と出現して世界に広まった原因は我々自身にある。抗菌薬の過剰使用だ。対策はこの原因を抑えること。抗菌薬を適正に使うことだ。医療提供者は、風邪や単純な気管支炎、副鼻腔炎、中耳炎などに原則、抗菌薬を使わないこと。患者さんは、抗菌薬をむやみに要求しないこと。予防接種を受け、手洗いをすること。性行為ではコンドームを使うこと。日常での心がけが大切なのだ。

文献:
● 2019 AR Threats Report. CDC’s Antibiotic Resistance Threats in the United States, 2019.

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS