フランスのマクロン大統領は15日、カルロス・ゴーン被告について「拘束や取り調べの状況は私には満足いくものと思われない」と何度も安倍晋三首相に伝えていたことを明らかにしたと共同通信、日本経済新聞などが報じた。

「安倍晋三首相に対して複数回、カルロス・ゴーン被告の勾留や聴取の条件が満足いくようにはみえないと伝えた」。フランスのマクロン大統領が明らかにしました。https://t.co/G0cDVz3kcL

— 日本経済新聞 電子版 (@nikkei) January 15, 2020


何度も改善要請

マクロン大統領は、レバノンへ逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告に関し、拘束や取り調べなど日本で勾留されていた時の環境について、何度も改善を要請していたことを明らかにした。ゴーン被告の逮捕後、安倍首相とマクロン大統領は複数回会っており、その際に伝えたとみられている。

逃亡については「ノーコメント」

また、マクロン大統領は被告の逃亡について「コメントしない」とし、「フランスは関与していない」と述べた。

日本の制度に批判殺到

ゴーン氏は8日にベイルートで行なった記者会見で、弁護士の同席なく1日最長8時間の事情聴取を受けたことや、再逮捕や起訴後の勾留で長時間身柄を拘束されたことなどを訴えている。これに対して森雅子法相は、「制度を正確に踏まえていない」など反論。日本の制度への世界からの厳しい批判は止まらない。

Twitterの声

マクロンさん、安倍ちゃんにそんなコトゆーてたのか〜〜しかし日本は三権分立だから安倍ちゃんにゆーてもねぇ??てか外国にそんなコトゆーてええの??ココ外国だよ??

— Rei (@ReiSatsuki) January 16, 2020


バカなことを言うフランスのマクロン大統領、まさにマカロン並みの頭だ。三権分立から司法に口出ししないのは常識だろうが、国営企業のルノーに多額の退職金を要求し、さらに在職中の不正も払しょく出来ないくせに、余計な事、安倍首相に一蹴されただけだ。

— 新藤 保之 (@ichigoitie) January 15, 2020


マクロン大統領は、ゴーン元会長が逮捕後、日本で置かれた状況について「フランス国民の基本的な権利を尊重し、尊厳を持って扱われるよう安倍総理大臣に伝えてきた。ゴーン氏の勾留や尋問についても満足していないと何度も伝えた」と明らかに。

まるで安倍首相に非があるような主張には承服できない‼️

— モ−ルの嘆き! (@satikoakio) January 16, 2020


>マクロン氏は記者会見で「安倍氏に対して複数回、ゴーン元会長の勾留や聴取の条件が満足がいくようにはみえないと伝えた」と語った。

お前の意見は聞いていない、日本がフランスの問題に口を出したら対応すんのかオメー https://t.co/vXrW6QpUU1

— 水都 (@takatoriminato) January 16, 2020


これ、マクロン大統領はほかのフランス人が拘留されている案件でも安倍首相に懸念を伝えているのかな?それともゴーン氏の件だけ?

仏大統領、ゴーン被告勾留条件「安倍首相に不満伝えた」:日本経済新聞 https://t.co/q6O7k4MaKV

— ど〜ん (@gonta0122_2) January 16, 2020


マクロン仏大統領とやらは拘束されているのがゴーンじゃなくても安倍総理にそう言う話をするのか?金持ちだとか特権階級だから言ってるんだったら人権の話じゃなくて金目の話なのでは?どちらにしても日本の司法にケチつける前に犯罪者に犯罪するなと言ってくれ。 https://t.co/vNZeUnKx0L

— a12345 (@a1234541101194) January 16, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source:共同通信、日本経済新聞

image by:Ververidis Vasilis / Shutterstock.com

 

MAG2 NEWS