中条あやみ は”可愛い”から、何をやっても許される映画『雪の華』(2月1日公開)

2月1日から映画『雪の華』が公開となります。主演は男性だけでなく、女性にも人気のハイ好感度女優の中条あやみ。相手役は三代目J Soul Brothersの登坂広臣。そんなキラキラした映画、アラサーのおっさんが楽しめるの?と思って観てみたら、恐ろしい程の中条あやみ搾取映画っぷりに、ご満悦でした!

ストーキング行為は犯罪です

医師より余命1年を宣告されたヒロイン。その病院帰りに、引ったくり犯からカバンを取り返してくれたイケメンと知り合います。後日、そのイケメンを街で見掛け、迷わずストーキング。カフェで働いてる事を突き止めます。

そこで、「100万円ないと店を閉めるしかない」というオーナーとの話を立聞き。

どうせ死ぬならと開き治ったヒロインは「100万円あげるから1ヶ月、私の彼氏になって下さい」という斜め上な提案を。それにより、契約カップルが成立!……って、ここまで僅か15分くらい!

貴方はもうお気づきでしょうか?本作は激カワの 中条あやみちゃん だから成立する、混じりっ気なしの中条あやみ映画なんです。 そもそも街で見掛けてストーキングって、これ男女逆だったら即逮捕ですよ!

でも、面白くなるのはここから!

少女マンガを再現するのは犯罪ですか?

今作の中条あやみは幸は薄め。しかしメンヘラ度数高め。普段は、メガネで陰キャな女の子なんですが、余命1年宣告され、少女マンガで培った妄想が暴走。

期間限定の疑似カップルになった主人公たち。早速、東京下町クルーズや水族館デートなど、一度はしてみたいデートプランを実行へ。この普通ならイラッとするデート・シーンもヒロインが"理想のデート"にしようとダメ出し展開で笑わせてくれます。

何と言ってもヒロインはすぐ怒るんですよ!待ち合わせの第一声からダメ出し!待ち合わせでも「普通、"よっ!待った?"でしょ?!」と厳重注意!

別れ際まで「ちょっと待ってよ!!私が振り返るときも手を振っててほしいの!」とか言い出す始末。理想の彼氏になってもらう為、ビシバシとダメ出し。それに対して、協力していく内に感情移入していく疑似彼氏役の 登坂くん。

これ、中条あやみ ちゃんだから許されるんですよ?!普通にやったらドン引きですからね。

中条あやみちゃんだから許される

コンタクトに換えたの気づいてほしーの。一張羅のワンピースに気づいてほしーの。という中条あやみちゃんの表情がいじらしいんです。ユーモラスでキュート。

疑似彼氏の家で家族とご飯を食べるシーンのKYっぷりは爆笑。

もうホント、中条あやみちゃんだから許されるシーンばかりなんです。

"かっこいい"とは、こういう事か

何はともあれ、真っ直ぐなヒロインに対して、感情移入していく疑似彼氏。ワイルドな風貌と、それにピッタシなブッキラボウっぷり。でも実は、両親と死別しおり、まだ学生の妹と弟を育てる一家の大黒柱。さらに、ガラス工芸の職人という夢を持っているんです。これまた少女マンガから飛び出してきたようなキャラ設定。

演じるは登坂広臣くん。地味だけどナチュラル系リアル指向なお芝居は突拍子もない設定から違和感を緩和。

後半にきて、まさかの?!

そして、前半のコミカルな展開から一転。お互いへの思いが強くなっていくのと裏腹に、余命を伝えてない事から切ないスレ違いが発生。なんと舞台はフィンランドへ長距離移動。

実は、本作の役半分はフィンランド・ロケ。焦らしに焦らしたクライマックスへ。

何の病気なのか?なんで100万円が必要だったのか?など、ストーリーテリング優先の為、語られない設定も多数。それらを引っ掛からず、何よりも中条あやみちゃんを"可愛い"と思えるならオススメできる一本です!

映画『雪の華』は2月1日公開になります!!

©2019映画「」製作委員会

ギボ・ログ★★★☆☆(星3つ)

mina(ミーナ) 2019年3月号 (2019年01月19日発売)
Fujisan.co.jpより


関連記事

マガジンサミットの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索