これでスッキリ!挙式の不安解消のカギは相談相手にあった⁈

 

愛着のある地元のホテルや憧れの海の見える教会、海外挙式…華やかな結婚式は二人にとって一度きりの晴れ舞台。結婚式はやり直しができないからこそ、不安もつきものですよね。

 

このほど旅行会社の株式会社ジェイティービーが、結婚式に関する不安や満足度を調査した結果を発表しました。それによると、結婚式にまつわる不安解消のキーは相談相手にアリ、というのです。

 

この調査は日本全国の既婚女性500人から回答を集め分析したもの。地元や居住地での挙式経験者とリゾート地での挙式経験者それぞれ250人ずつに「挙式準備における不安ポイント」と「挙式後の満足ポイント」についてリサーチしています。

 

お金・天候・準備の漏れが不安のタネ

 

回答者の6割が「不安があった」と答えた中、特に意見が多かったのは「費用がどのくらいかかるか」「天候」「準備の漏れ」でした。

 

「海外挙式のため、飛行機代・ホテル代・家族の渡航費などの総額が想像つかなかったから」(38歳/リゾートウエディング)や「チャペルまでの道や、フラワーブーケを受ける場所が吹き抜けだったから」(38歳/地元・居住地ウエディング)など、いずれの挙式スタイルにおいても不安がありました。

 

25ans Wedding ヴァンサンカンウエディング
Fujisan.co.jpより

 

不安解消のためには、やっぱり相談!

 

もやっとした不安はどの程度解消されたかという結果を見ると、そこで挙式スタイルにより少し差が出ました。

 

項目にもよりますが、リゾートウエディング経験者の方が、多いところで17ptも多く解消されていたのです。準備を進めていく中で杞憂に終わったり、きちんと解消されていたり、というパターンが多いようです。

 

それでは、どのように解消できたのでしょうか。

 

 

回答を見ると、結婚相手に相談した、ウエディング会社・旅行会社に相談した、親に相談した、友人に相談した、など「相談」により解消したケースが大多数を占めました。しかしその相談相手も、悩みの内容や、挙式スタイルごとで意見が分かれました。ここに不安解消のポイントがありそうです。

 

例えば、「挙式当日に喜んでもらえるか」という不安は、地元ウエディングではゲストのことに精通した結婚相手が1位だったのに対し、リゾートウエディングではその地でノウハウを持ったプロが1位となっています。逆に、「気に入った会場が見つかるか」という項目においては、地元ウエディング1位がプロなのに対し、リゾートウエディングリゾートウエディングの1位は結婚相手でした。

 

また、不安要素トップ3に入っていた「費用」「天候」「準備の抜け漏れ」についてはどちらの挙式スタイルでもプロに相談して解消したケースが1位となっていました。プロの意見やアドバイスをもらいつつ、挙式スタイルと不安要素により、解消につながるパートナーや親、友人などに相談していくことがクリアできるポイントのようです。

 

はじめの不安は多かったものの、地元ウエディング、リゾートウエディングともに、自身の挙式を自己採点すると平均約90点とかなり高めの満足度とをつけていました。抜かりない準備があれば、最高の晴れ舞台が待っています!

 

強い味方、ウェディングコンサルタントに聞いてみよう

全国に100店舗以上ある「JTBウェディングプラザ・デスク」には合格率30%の難関資格試験を突破したウェディングコンサルタントが常駐し、挙式準備から旅行プランまでトータルサポートしてくれます。いつでも、何度でも相談できるのはとっても心強い!

 

さらに2017年8月から10月までの3カ月間は人気のリゾート挙式場を一度に比較検討できるリゾートウェディングフェアを開催中。気になる人は「JTBウエディング」のホームページ(http://www.jtb.co.jp/wed/)をチェックしてみてくださいね。

 

関連記事

マガジンサミットの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索