家にいる時間が長くなったであろう昨今、外出時にマスクを着用することもあり、お肌のケアを怠ってしまっている人も多いのではないでしょうか?今回はそんなお肌のケアの調査について紹介したいと思います。

この度、株式会社イプサは全国の20〜40代前半女性1,000名を対象に「現代女性が溜め込みがちな“肌に不要なもの”と“デトックス習慣”に関する調査」を実施。日々溜まる肌に不要なものに対する毎日のケアの重要性と、小顔美人に近づくための秘訣を解説していきます。

不要なものが溜まっているサイン「むくみ」

調査ではまず、むくみを感じることが多い身体の部位について質問。すると、「ふくらはぎ」(57.4%)、次いで「顔」(39.1%)が多いという結果に。次に「顔」のむくみについて「一時的なもの」か「慢性的なもの」かを聞くと、約7割の女性が「顔のむくみは一時的なもの」と捉えていることが分かりました。

顔はむくみを感じやすい部位でありながら、デトックスケアが浸透していないのは“顔のむくみは一時的なもの”という意識から来ているのかもしれません。

2人に1人は蓄積リスクが高い

続いてはイプサ店頭で肌測定を受けた37,785名に対し、肌の蓄積レベルを測定。ここでの蓄積レベルは、肌測定器(IPライザー)による結果に加え、生活環境などを複合的に判断し、肌に不要なものをため込むリスクの高さを判定したものを指します。

その結果、半数以上の女性が「蓄積リスク高」(54.9%)と判明。さらに、3割近くが「蓄積予備軍」(25.3%)という結果に。現代の女性にとって、毎日の“デトックスケア”は重要であることが判明しました。

デトックスケアを行っている女性は1

次に、顔のむくみケアを行う頻度、具体的に実践しているケアについて質問。毎日ケアを行っている人は1割程度、デトックスを意識したスキンケアをしている女性もわずか1割となりました。多くの女性は毎日肌のデトックスケアを行う事について重要と考えていないようです。

さらに、夏は特に肌に不要なものが溜まりやすいことを知っているかを聞くと、7割以上の女性は知らないという事も明らかとなりました。

むくみと顔専用デトックスの重要性について

以上の調査結果をふまえ、今回はIPSA研究員である加治屋健太朗さんに、むくみと顔専用デトックスの重要性について解説して頂きました。

「今回の調査でむくみは一時的だと認識している方が多いということが分かりました。肌にとって不要な水分とタンパク質が溜まると、むくみだけでなく肌あれを引き起こす可能性があります。むくみや肌あれのない肌を手に入れるためには『リンパ管』を強化し、肌にとって不要なものを“ゼロ”にするケアが重要です。

リンパ管を強化するためには、それに対応したお手入れをすることが重要。肌にとって不要な水・タンパク質をきちんと回収し、体外に排出することが必要で、自己流のデトックスでは老廃物が流れていないことも考えられます。

またリンパ管のダメージを防ぐ“ゼロケア”として、紫外線の予防や適度な運動、塩分を控える、といった心がけをおすすめします。中でもここ10年、夏場の紫外線量は年々増加傾向にあります。夏場は特に毎日のデトックスケアを念入りに行うことで、むくみや肌荒れに悩まされない肌を目指せます。」

イプサのデトックス研究 URL https://www.ipsa.co.jp/sp/zero1908.html

肌にとって重要な季節である夏。デトックスケアにも注目し、きれいなお肌を手に入れていきましょう。

MAQUIA(マキア) 2019年9月号 (2019年07月22日発売)
Fujisan.co.jpより