「コロナで収入減対策しようと嫁はんが家の中でカフェ開いたけど、値段がマフィア」

そんなコメントと共にTwitterに投稿されたあるメニューのあまりにも強気の値段設定が「なるほどこれはマフィア」と話題になっています。コーヒー5000円、麦茶2000円、ポテチ(2枚)8500円、佃煮(100g)70000円―。全部おかしいけど、とにかく佃煮がすごすぎる。

投稿したのはゆう@RAMPAGEMONKEYさん(@RampagemonkeyYu)。RAMPAGEMONKEY名義でYouTubeにバイク動画などをアップしたり、グッズ販売を手掛けたりしています。

ところでゆうさん、どうやら5000円のコーヒーと1枚10000円のクッキー(チョコ入り)を注文した様子なので、合計1万5000円になったようです。大きな反響を受けて「暗いニュースばかりですが、こんな時に笑ってもらえて良かった。みんな、いつもありがとう」「俺は今晩のコーヒーで貯金なくなるけどねw」とコメントしています。

「(嫁はんとは)普段からこんなことばかりやっています。いつも2人で笑わせ合ったりふざけたりしております」と話すゆうさん。「今は新型コロナウイルスで暗いニュースばかりですが、幸せを感じられるようにいつも笑っていたいですね」

(まいどなニュース・黒川 裕生)