今年7月のレジ袋有料化以降、外出時の必需品となったエコバッグ。使用後は雑菌が繁殖すると聞き、買い物するごとに手洗いしては干し、そして小さく畳んで収納ーーしかしズボラな筆者にとっては手順に沿って畳むことが苦痛でした。そんなとき、畳まなくても小さく保管でき、物を入れるとビヨーンと伸びるレジ袋型エコバッグ「絞りエコバッグ」の存在を知りました。

担当者も驚く「えげつない」売れっぷり

 SNSで検索すると、「畳まなくていい」「重宝してます」「伸縮性すごい」「シワが気にならない」などの感想が並びます。約10年前から同商品の販売を行うネットショップの担当者に話を聞きました。

 「売り上げ数は『えげつなく』変わりました」ーー売れ行きのすさまじさを関西弁で表現するのは、インターネットで生活雑貨を販売する「彩都webstore」の担当者。

 6月に駆け込み購入が殺到し、ひと月で4019個を完売。在庫が底をつくも、コロナの影響により海外からの輸入がストップ。しかし8月に入り在庫が復活すると売れ行きは一気に加速。9月中旬までに3000個が売れ、この夏の累計販売数は7000個を超えました。

 人気ユーチューバーが自身のチャンネルで紹介したことも拍車をかけました。「個人的に購入していただいたようです。番組を見たファンの人たちから注文が殺到し、その日は動画に登場した色しか売れませんでした」(担当者)。ユーチューバーの影響力、恐るべしです。

スマホサイズなのに…ビヨーン

 同店で扱う絞りエコバッグ「ドロールバッグ」のサイズは、最小時は約100×130mm。ほぼスマホ並みなので、畳まずにそのまま外出用バッグの隅に突っ込めます。

 最大時は約420×400mmまで伸びます。耐荷重約7kg。2リットルのペットボトルなら3本入るそうです。

 素材はポリエステルで手洗い可能。子ども用浴衣のくしゅくしゅした帯の生地に近いイメージです。とても柔らかい素材なので、鋭利な物を入れないのはもちろんのこと、買い物した商品の角にも注意が必要です。13色、各770円(税込み)。

あの人気キャラをあしらった商品も

 インターネットで「絞りエコバッグ」「ドロールバッグ」と検索すると、通販大手や着物店、雑貨店で扱う商品など、膨大な数がヒットします。色やデザイン、サイズもさまざま。シックなデザインから、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」の顔をあしらったものまで、自分好みの絞りエコバッグが見つかりそうです。

(まいどなニュース・金井 かおる)