雑誌付録の定番となったエコバッグ。各社からさまざまなデザインやサイズの付録が登場する中、9月28日発売の季刊誌「HugMug(ハグマグドット)Vol.30秋冬号」が注目を集めています。

 付録はアパレルブランド、チャオパニックティピーとコラボした「絞りエコバッグ」。物を入れると自由自在に伸びるクシュッとした総絞り加工が特長です。ここ数年、雑誌付録に絞り素材のエコバッグが登場したことはなく、おそらく初めてのこと。絞りエコバッグを採用した理由を同誌担当者に聞きました。

■編集部も大興奮「早く使いたい!」

 ――なぜエコバッグに?

 「レジ袋有料化を踏まえて、付録はエコバッグにしたいと決めておりました。ニーズが高まっているエコバッグは、ファッションアイテムとしても注目度が上昇中です」

 ――絞りエコバッグを選んだ理由は?

 「HugMugはおしゃれなママに向けた媒体ということもあり、ファッション性も兼ね備えたものを検討していました。そんな中で素敵だったのが絞りエコバッグでした」

 ――目を引く色です。

 「チャオパニックティピーとコラボしてこの秋冬トレンドなシャイニーイエローをチョイスしました。光沢感もあってコーデのアクセントにグッと映えます。お子さまが持ってもかわいいのが嬉しいです」

 ――編集部内での反応は?

 「予想以上にかわいく仕上がり、編集部も思わず『かわいいー、早く使いたい!』と大興奮でした。コラボ先のチャオパニックティピーのプレス陣も秋冬のコーデに映える仕上がりに大満足のようでした」

■臼田あさ美さん親子で登場

 ママと子どものファッションとライフスタイルを提案する同誌。最新号の表紙を飾るのは女優の臼田あさ美さんです。膝の上の女の子を優しく抱っこして微笑む姿はプライベートショットのようーーと思ったらそれもそのはず。女の子は臼田さんの2歳になるお嬢さんでした。臼田さんは2017年1月、ロックバンド「OKAMOTO’S」のドラマーオカモトレイジさんと結婚されています。

 巻頭特集は「家族で過ごす家が好き!」。5つのファミリーが登場し、家族のおうち時間の過ごし方やこだわりのインテリアなどを披露。花屋オーナーやスタイリストなど、オシャレな6人の自宅の食器棚と本棚も公開します。リビングルームにキッズスペースを作るアイデアも参考になりそうです。「HugMug Vol.30秋冬号」世界文化社、840円(税込み)。2020年9月28日発売。アマゾンなどで予約受け付け中。

■秋もエコバッグ付録が続々

 今秋発売の雑誌のうち、付録にエコバッグがつく主なタイトルは次の通りです。

・「Popteen 10月号」rolarola折りたたみスポーツトートバッグ(角川春樹事務所)
・「和楽 10月号」若冲エコバッグ(小学館)
・「スイート 10月号」ジェラート ピケ畳めるエコバッグ(宝島社)
・「ゼクシィ 11月号」DEAN&DELUCA 2WAYエコバッグ(リクルート)
・「オトナミューズ 11月号増刊」くまのプーさんふわふわ刺繍ポーチ&エコバッグ(宝島社)
・「スイート 11月号」バーバパパマイバッグ(宝島社)
・「大人のおしゃれ手帖 11月号増刊」ハウスオブロータスレジかごお買い物バッグ&エコバッグ(宝島社)
・「InRed 11月号」スヌーピー背負えるエコバッグ(宝島社)
・「リンネル 12月号」ムーミン×フィンレイソン便利な2種類のオリジナル柄エコバッグセット(宝島社)
・「SPUR 12月号」鬼滅のミニ リサイクル コットンバッグ(集英社)
・「スプリング 12月号」ダンボ洗えるエコバッグ(宝島社)

(まいどなニュース・金井 かおる)