11月1日はワンワンワンにちなみ「犬の日」です。犬の名前といえば古くから「ポチ」が定番でしたが、ここ最近、人気が急上昇中の名前があることが分かりました。

総合1位は「ココ」

 ペット保険シェアナンバーワンのアニコム損害保険は「犬の名前ランキング2020」を発表しました。ペット保険「どうぶつ健保」に新規契約した0歳の犬、約12万4千頭が対象です。

 総合ランキング1位は「ココ」。10連覇達成のダントツの人気でした。

 2位は昨年11位から大幅にジャンプアップした「ムギ」。「ムギ」は男の子部門でも17位から8位にランクアップ。漢字部門でも女の子第1位は「麦」でした。ここにきて突然の「麦」ブーム。理由はあるのでしょうか。

 同社は「もち麦が人気になるなど、人の健康志向の高まりが、犬の名付けに影響を与えているのかもしれません」と分析します。

男女別では…

 男女別部門では、男の子1位「ソラ」、2位は僅差で「レオ」、3位は「コタロウ」。女の子部門の上位3位にはココ、モモ、ハナがランクインしました。

どれが人気?ひらがな、カタカナ、漢字

 名前の表記は人間と同じように、ひらがな、カタカナ、漢字とさまざまだそう。男女別に上位30の名前を集計したところ、男の子はカタカナの名前が6割超。女の子はひらがなの名前が5割超でした。

 「男の子はカタカナや漢字でかっこいい印象を、女の子はひらがなで柔らかい印象を求める名前が多いようです」(同社)

女の子は花を連想させる名が人気

 漢字表記では、男の子は昨年に続き「空」が首位に。女の子は「麦」でした。

 「男女共通して、漢字であることで和風な印象となります。その中でも、男の子は、小太郎や茶々丸、虎太郎などちょっと古風な印象の名前、女の子は花や杏、小梅などお花を連想させるような名前となっていて、男の子と女の子で違いが見られました」(同社)