<東証>一時2万1000円台

 13日の東京株式市場は、国内外の景気拡大への期待から買い注文が優勢となり続伸。日経平均株価は一時、前日終値比70円超値上がりし、取引時間中としては1996年12月以来約20年10カ月ぶりに2万1000円台を回復した。

 取引開始直後から、国内企業の業績改善を期待した買い注文と、12日の米株式市場の下落などを受けた売り注文が交錯していたが、次第に値を上げ、2万1000円の大台を突破した。

 日経平均は2日から12日まで8営業日続伸中で、12日には取引時間中としては約20年10カ月ぶりの高値をつけていた。

 東京外国為替市場は、1ドル=112円台前半と円安基調を維持している。【岡大介】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索