<中部電力>1月分料金を過小請求 300万円分

 中部電力は14日、管内の5県(愛知、三重、岐阜、静岡、長野)で、1月分の2440件の電気料金、計約300万円分を過小請求していたと発表した。電気使用量を自動集計する次世代電力計「スマートメーター」のプログラムミスで、昼間に使った電気を料金の割安な夜間の利用と見なした。支払い済みの対象世帯や商店などに対し、不足分を2月に追加請求する。

 過小請求はスマートメーターを設置し、時間帯別料金プランを設定している顧客に起きた。担当者が今月10日にミスを発見し、11日に正しい設定に直したが、既に検針した分は変更手続きが間に合わず、本来より10〜9968円分少なく請求した。同社は「再発防止に努める」と陳謝した。【小倉祥徳】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索