<欧州中央銀行>量的緩和 年内終了を決定

 【リガ三沢耕平、ワシントン清水憲司】欧州中央銀行(ECB)は14日、ラトビアの首都リガで定例理事会を開き、国債を大量に購入する量的緩和策を12月で終了することを決めた。ユーロ圏の景気が回復を続けているためで、13日に今年2回目の利上げを決めた米国に続き、金融政策の正常化へかじを切る。

 ドラギ総裁は記者会見で「ユーロ圏は底堅い安定成長が続いている」と述べ、量的緩和による刺激策を継続する必要がないとの認識を示した。10月以降は購入規模を現行の月300億ユーロ(約3兆9000億円)から150億ユーロに減額したうえで12月まで購入を続け、来年1月から新規購入を停止する。2014年に導入したマイナス金利など、主要な政策金利については来年夏までは現行水準を維持。利上げは来年9月以降とする。利上げが当面見送られることを受け、外国為替市場ではユーロが下落した。

 一方、米連邦準備制度理事会(FRB)は13日、政策金利を0. 25%引き上げ、1. 75〜2. 0%にすると決定。米欧の中央銀行は金融緩和を手じまいしているが、新興国から資金が流出して経済が不安定化する懸念もある。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索