長野県木曽町で温泉宿泊施設「ホテル木曽温泉」を運営する合同会社「おやど」(同町)が自己破産申請の準備を進めていることが帝国データバンク松本支店の調べで分かった。負債総額は約3000万円。

 新型コロナウイルスの感染拡大で利用客が減少し、先行きの見通しも立たないことから事業継続を断念したという。新型コロナウイルスの影響による倒産は県内では初めて。

 同支店によると、おやどは2010年4月設立。木曽町の指定管理者としてホテル木曽温泉の管理や運営を手掛け、宿泊に加え日帰り入浴や宴会などにも対応し、13年3月期には売上高約7100万円を計上していた。

 だが、14年9月の御嶽山噴火や暖冬による雪不足の影響などで近年は利用客が減少。立て直しを図ってきたが、新型コロナが追い打ちをかける格好になった。【坂根真理】