丸紅は25日、2020年3月期の連結最終(当期)損益予想を従来の2000億円の黒字から1900億円の赤字に下方修正すると発表した。最終赤字は不振事業の見直しを進めた02年3月期以来18年ぶりで、赤字額は過去最大となる。新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な需要急減で資源価格が急落したことなどが理由。

 損失の内訳は、石油・ガス開発事業1450億円▽米穀物事業1000億円▽チリ銅事業600億円――など。感染拡大による需要減と産油国の減産協議の決裂で、原油価格が18年ぶりの安値に急落。米中貿易戦争の影響で米子会社の中国への穀物輸出も低迷したため、関連事業の価値の目減りを反映させた。20年3月期の年間配当は、1株当たり35円の計画を据え置いた。

 東京都内で記者会見した柿木真澄社長は、経営責任を明確化するため20年度の役員報酬を会長と社長は19年度比で6割、その他の役員は同5割カットすると表明した。

 柿木社長は、新型コロナウイルスの感染拡大について「これまでの金融危機や地政学的危機とは異なる。すぐに終息するとは考えられない」と指摘。影響の長期化に懸念を示す一方で、「今の低迷する市況を全部織り込んだ」として、追加の減損の懸念はないと説明した。【和田憲二、本橋敦子】