<倒木直撃>除雪の住職死亡 長野・栄村

 14日午前7時40分ごろ、長野県栄村堺の寺「林秀庵」の敷地内で、松の木が雪の重みで折れ、除雪をしていた住職、石塚彰雄さん(63)の胸などに直撃した。石塚さんは病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 長野県警飯山署によると、木は高さ22メートル、直径約60センチで、根元から9メートルの幹の部分で折れていた。当時の積雪量は約1メートル。石塚さんは除雪機を使って1人で作業しており、大きな音を聞いた妻が倒れていた石塚さんを発見し119番した。【安元久美子】

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

14時01分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索