<鳥インフル>岐阜・山県で陽性反応 養鶏場で100羽死ぬ

<鳥インフル>岐阜・山県で陽性反応 養鶏場で100羽死ぬ

 岐阜県は14日、同県山県市の養鶏場で死んでいた鶏から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査を行い、同日深夜にも鳥インフルエンザと確定した場合、県は24時間以内にこの養鶏場で飼育している約8万羽全てを殺処分する方針。

 名古屋市の東山動植物園で飼育していた鳥が高病原性鳥インフルエンザに感染し、休園問題に発展したが、今回感染が確認されれば家きん類では東海地方で今季初めて。岐阜県では過去に野鳥類の感染例はあるが、家きん類は初めてという。

 県によると、14日午前8時23分ごろ、養鶏場の獣医師から「100羽以上の鶏が死んでいる」と県に通報があった。生後45日程度の幼鳥という。県の中央家畜保健衛生所が現地で7羽を簡易検査したところ、死んだ5羽と、生きている1羽の計6羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出た。

 県は家畜伝染病予防法に基づき、半径3キロ圏内にある他の4養鶏場(飼育数は計約8万羽)に対し、鶏や卵の移動の自粛を要請。3〜10キロ圏の12養鶏場には圏外への搬出自粛を求めた。遺伝子検査で陽性が確定した場合に備え、殺処分や埋却作業の準備を始めている。

 県は午後5時から県庁で対策本部員会議を開催した。【駒木智一】

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

06時20分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索