<天気>北日本から西日本で大雪 北陸90センチの降雪予想

<天気>北日本から西日本で大雪 北陸90センチの降雪予想

 気象庁は14日、16日にかけて北日本から西日本の日本海側を中心に、大雪、ふぶきなどによる交通障害、暴風、高波に警戒するよう呼びかける気象情報を出した。東日本や西日本の太平洋側の平地でも大雪となるところがあるとしている。

 東日本の上空約5000メートルには、氷点下36度以下の寒気が流れ込み、日本付近は強い冬型の気圧配置となっている。16日にかけて、北日本や北陸地方の上空約5000メートルには氷点下42度以下、西日本にも氷点下30度以下の寒気が流れ込むため、日本付近は強い冬型の気圧配置が続く見通し。

 すでに東北地方から西日本では、日本海側を中心に大雪となっているところがある。16日にかけては、北日本から西日本の日本海側を中心に広い範囲でさらに降雪が強まり、大雪が続く見込み。また、東日本や西日本の太平洋側の平地でも積雪となり、大雪となるところがあるという。

 15日18時までの24時間に予想される降雪量は、北陸90センチ、東北、東海、中国70センチ、関東甲信、近畿60センチ、北海道40センチ、四国20センチ。【デジタル編集部】

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

21時25分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索