<収賄容疑>南大隅町係長を再逮捕 鹿児島県警

 鹿児島県警は21日、町道工事の指名競争入札で業者に設計金額を漏らした見返りに現金10万円を受け取ったとして、同県南大隅町建設課係長、小路口(こじぐち)太輔容疑者(34)を収賄容疑で再逮捕した。「金が欲しかった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2013年9月ごろ、町道改良舗装工事の指名競争入札で、予定価格算出の根拠となる設計金額を事前に県内の指名業者に漏らし、見返りとして現金10万円を受け取ったとしている。

 県警によると、業者側は現金を渡したことを認めているが、贈賄罪は昨年9月に時効(3年)を迎えている。小路口容疑者は、昨年4月に別の町道工事の測量設計業務の指名競争入札で設計金額を漏らしたとして、官製談合防止法違反容疑などで逮捕、起訴されていた。【田中韻】

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

23時58分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索