<ベネッセ情報流出>元システムエンジニア減刑 東京高裁

 通信教育大手ベネッセコーポレーションの顧客情報を不正にコピーして外部に流したとして不正競争防止法違反に問われた元システムエンジニア、松崎正臣被告(42)の控訴審判決で、東京高裁は21日、懲役3年6月、罰金300万円とした1審・東京地裁立川支部判決を破棄し、懲役2年6月、罰金300万円を言い渡した。

 朝山芳史裁判長は「システムエンジニアのモラルを欠き、ベネッセに多大な損害を与えて信頼を失墜させた結果は重大だ」と被告の責任を重く認める一方、ベネッセと被告が働いていた子会社の対応を「情報管理に不備があり落ち度は大きい」とし、量刑判断の事情に加えて減刑した。

 判決は3次契約された会社からの派遣労働者だった被告が、子会社の指揮監督を受けて従事していたとして偽装請負に当たると指摘。「経歴が詳しく分からない被告に重要な情報へのアクセスを許したことは著しく不適切だ」とベネッセ側の問題を認めた。

 判決によると、松崎被告は2014年6月、不正に利益を得るために子会社で約3000万件の顧客情報を取得し、うち約1000万件を名簿業者に渡した。親会社のベネッセホールディングスは「二度とこうした事態が起きないよう、お客様情報の安全・安心の徹底に尽くして参ります」とコメントした。【近松仁太郎】

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

23時58分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索